FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ウォールストリート・ブロックチェーン同盟に新たなグループが参加


ウォールストリート・ブロックチェーン同盟に新たなグループが参加

2月23日、勘定元帳システムの取り扱い業者を中心に組織された非営利協会ウォールストリート・ブロックチェーン同盟(WSBA) は、新たにブロックチェーン・インテリジェンス・グループ(BIG) が最新メンバーとして参加したと発表した。BIGのホームページにも同日、同盟への参加のニュースが掲載された。

BIGはビッグデータを使ったBrockbits(リアルタイム検索)、BitRank(リスク査定)、Qlue(データ分析)など公共性の高いシステムの開発に加え、ビットコイン他の仮想通貨取引を展開している。

BIGのCEO、ランス・モーギン氏は同盟への参加について、こう語る。「ウォールストリート・ブロックチェーン同盟のメンバーになってぞくぞくしている。ビッグデータ分析は、金融社会での公共性が高まってきたブロックチェーンや仮想通貨を通じて、ビジネスの向上に貢献すると思う。同盟の他のメンバーたちと働く機会を得て、その改革を早めるお手伝いをしたいと考えている」

<益永 研>