FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

DASHの新CEOにライアン・テーラー取締役が就任。創設者エヴァン・ダフィールド氏は顧問兼エコシステム関連ビジネス開拓へ


仮想通貨DASHの急成長で注目されているDASH社の新CEOに、同社の金融部門取締役のライアン・テーラー氏が就任した。テーラー氏は、同社の創設者であるエヴェン・ダフィールド氏の路線を踏襲して、中核ビジネスである仮想通貨プロジェクトの推進と同社の株主を含むパートナーたちとのコミュニケーションに責任を負うことになる。一方、ダフィールド氏は、同社の顧問となり、同社が手掛けるエコシステム他のプロジェクトに力を入れるが、今後も仮想通貨ビジネス発展に必要なアドバイスとコンサルティングは続ける。

Dash 創設者エヴァン・ダフィールド氏

ダフィールド氏は、「当初からブロックチェーンプロジェクトを立ち上げることが私の夢だった。今、DASHが素晴らしいビジネスに慣れたのは誇りでもある。ここ数か月間、DASHの日々の管理やテクノロジー開発は、ライアン・テーラー新CEOとアンディ・フレアーCTOの下で進められてきた。2月に発表されたソフトのアップグレードにも、私は関与しなかった。そして、アップグレードは成功した。DASH COREの開発者やマスターノードオペレーター、そして世界中のユーザーたちに感謝している」と語る。

ライアン・テーラー氏は、2014年半ばにDASHに入社。それ以前はヘッジファンドのアナリスト、その前はマッキンゼーのアソシエート・パートナーだった。

DASH社新CEO ライアン・テーラー氏

テーラー氏はこう語る。「エヴァンは、ブロックチェーンとフィンテックに対して最も献身的な人物だ。DASH COREのチームは、エヴァンがDASHを作るために描いた青写真に従ってきた。今、我r割れには、それに応えるだけの資源がある。DASHは支払い手段として、急速に成長し、世界中の数千人の人々から迎えられている。近い将来、さらなる成長を発表できるとも考えている」

<益永 研>