FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

人工知能「KIBIT」が横浜銀行に導入


米ナスダックと東証マザーズに上場し、人工知能を駆使したビッグデータ解析事業を手がける株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」が株式会社横浜銀行に導入されたことを発表。その狙いは、お客さまとの面談記録を解析し、資産形成や運用のニーズに合う提案により、「顧客本位の取り組み」の実践を目指すというもの。本部でのモニタリングによって、営業店の担当者とお客さまとの会話などの面談記録を「KIBIT」で解析し、「顧客本位の取り組み」の実践にあたって重要となる、提案活動の課題を重要度の高い順に並び替えを行って抽出することで、顧客のニーズをいち早く、また効果的に分析することが可能となるとしている。

株式会社横浜銀行と株式会社FRONTEOでは、2016年10月より実際の面談記録に基づいたデータのPoC(概念検証)に着手し、大量の記録のなかから、見つけたいデータを抽出することに成功してきた。また、追加での学習を行うことで精度を高めたり、時系列に記録を追うことで、顧客の様子をきめ細かくフォローができるなど、人工知能ならではの、ビッグデータの活用の仕方を発見することができた。PoCの際には、従来の方法と比べ、面談記録のチェックにおいて、約4倍から15倍もの効率化を実現。株式会社横浜銀行では、今回の導入によって、営業店の役職者がチェックにかかる時間を短縮でき、顧客訪問の頻度を高めることで、より顧客に近い金融サービスの提供ができることを期待している。

今回、PoCから稼働まで短期間での導入が実現できたのは、「KIBIT」の特性である少量のデータでの解析が可能なため、検証内容を柔軟に変えて、さまざまな角度から検証を行うことができたこと、言葉の定義や結果に対するパラメータのチューニングが不要で、検証から導入までスムーズに移行できたことがあげられる。

株式会社横浜銀行では、これまでもICTや金融テクノロジーとビッグデータの融合により、顧客の利便性を高めることに取り組んできた。今後は2018年度をめどに、「KIBIT」の導入範囲を広げ、営業店役職者による面談記録の確認業務を効率化し、それにより創出した時間を顧客との接点拡大につなげていく予定。さらに、法人の顧客に対するニーズ分析や、コールセンター業務における品質向上などへの導入も検討していく。

KIBITの活用イメージ

「KIBIT」について

人工知能「KIBIT」は、人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジンで、人間の心の「機微」(KIBI)と、情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を理解する人工知能」を意味している。テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶことで、人に代わって、判断や情報の選び方を再現することができる。

※詳細はこちらまで

<辻 秀雄>