FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【TDSE】経済指標予測AI 人工知能エンジン「Scorobo@ for Fintech」をTV東京モーニングサテライトに登場


テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(TDSE)と、株式会社フィスコは、TV東京『モーニングサテライト』番組上でAIモデルによる経済指標の予測を提供していくことで同意した。

今後、 FinTech市場が大きく成長し、規模拡大も予想されるなか、従来型の金融サービスが迅速・簡便なサービスにとって替わるようになった。金融分野の豊富な解析経験もあり、先進AI技術を持つTDSEと、金融分野における豊富な情報量と金融機関を始め企業との強力なネットワークを持つフィスコは、新たな金融サービスを創出し、他との差別化を図る目的で昨年業務提携を行った。

先般、「Scorobo@ for Fintech」第1弾の銘柄株価予測AI によるサービスにより、アナリスト業務の大幅な業務軽減及び選定した銘柄の良好なパフォーマンス結果となった。 今回、「 Scorobo@ for Fintech」第2弾となる経済指標予測AI を稼働させ、テレビ東京の『モーニングサテライト』番組の「先読みAI」として、複数の経済指標予想を提供することとなった。 経済指標予測AI は、日、米、欧の主要経済指標(各国のGDP、景況感、物価、雇用、貿易収支など)や株価、財務諸表等のビッグデータを取り込み、アナリストの経験・ノウハウとデータサイエンティストの知見から、毎週月曜日、為替(「米ドル/円」)・債券(10年)・商品(NY原油)といった指標の将来予想を行う。

現在、両社ではScorobo@ for Fintechを個別銘柄予想やマクロ指標予想と応用が利くAIエンジンとして、自社用もしくは顧客向けにサービス展開したい複数の金融機関やメディアと導入にむけた協議を進めている。他にも、 企業診断AI (企業の与信評価)、 ロボアドバイザーAI (投資信託およびETFでのポートフォリオ構築)を活用した協議も進んでいる。

Scorobo@(スコロボ)とは

TDSEが構築した独自アルゴリズム搭載の人工知能製品である。 IoTを通じて得られるセンサーデータ、人やモノの属性データや行動データ、市場データやオープンデータ等から、最適なアルゴリズム技術を活用するAIサービスの総称。現在、業種・業務毎に応じたOmni-Scoroboシリーズを展開していく。

Scorobo@ for Fintechとは

フィスコの経験豊富なアナリストにより考え出された数十にもわたる株式投資ロジック、 1,000以上に及ぶ株式市場指数、全上場企業の各種情報を用いた人工知能エンジン。

<辻 秀雄>