FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

世界でもっとも興味深いビットコイン規制(またはその欠如)


いくつかの国では、ビットコインの使用に関する独自の規制があり、それが公式通貨とみなされるかどうかにかかわらず、規制を採用していない国もあります。 一部の国では、金融業界に歓迎され、金融サービスを実行するための費用対効果の高い新しい方法と見なされています。 その一方で、この新しいイノベーションに強く反対し、市民がこの潜在的に危険な財政的選択肢に近づかないよう警告している。 以下は、世界中の国々におけるもっとも興味深い10種類のビットコイン規制(または非規制)である(2017年3月6日現在)。

カナダ

カナダのビットコイン規制は興味深い。すなわち、最近、最初のビットコインATM装置が導入されたためだ。国は現在、ビットコインを適法な通貨とはみなしておらず、近い将来にそれを規制する兆候もないが、ビットコインの使用が増え続けると金融当局の態度は変わる可能性がある。暴露サイト「ウィキリークス」によると、「ビットコインは、カナダでは反マネーロンダリングと反テロ資金調達の法律のもとで規制されている」という。

オーストラリア

オーストラリアは間違いなくビットコインの使用に関しては見守っている。できるだけ早くの課税を計画している。したがって、現在オーストラリアでビットコインを取り扱っている人、または以前にビットコインを扱っていた人は、課税がいつなされるかについては注意をする必要がある。オーストラリアの多くの人々はビットコインを警戒しているが、それは2013年にオーストラリアのビットコイン・バンクがハッキングされ、その結果、100万ドル以上の盗難が発生したからだ。 オーストラリアはビートコインを財産と分類し、政府は個人向け税制ガイドラインを発表した。司法省の一部は、オーストラリアが今後、マネー・ローンダリングやデジタル通貨を通してのテロリストの資金調達を防ぐために、ビットコインをさらに規制することを目指すと述べている。

エストニア

エストニアは小さいものの、ブロックチェーン技術などの革新を含む最新の技術革新に挑戦しているようだ。ブロックチェーンは、ヘルスケア、銀行サービスなどのサービスで使用されていることがわかる。さらぬ驚くべきことに、国の市民が電子居住者になる可能性があるため、政府でも使用している。現在では、ビットコインATMをはじめ、ビッグコインを通貨として使用するパックスフルなど、多数の新興企業が存在している。 エストニアの仮想通貨ユーザーは間違いなく歓迎され、受け入れられるだろう。

米国

米国は規模の大きさが手助けをしているかもしれないが、世界一のビットコイン取引量がある。シリコンバレーには、ビットコインをはじめ、他のさまざまな仮想通貨が使っている新興企業のふるさとみたいな者で、驚くに値しない。また、全世界でもっとも多くのビットコインATMがある。 この技術的拠点のおかげで、他の多くの国々も、仮想通貨を法的にどのように扱うかについては、米国を目安に考えており、テストの場と思われている。米財務省は、ビッドコインを2013年に転換・分散可能なバーチャル通貨として分類している。アメリカ合衆国内国歳入庁は、バーチャル通貨を連邦課税にとって財産とみなしている。

韓国

韓国では、ビットコインは交換や投資の手段として、迅速に受け入れられている。 これは、活気に満ちたハイテク産業と世界で最大のモバイルペイメント・レートを持っていることを考えると、それほど驚くべきことではない。韓国には、ビットコインの使用を規制する法律は存在しないため、最近、ビットコイン関連の多くの新興企業が進出している。国はまた、定期的なビットコインの会議を開催し、仮想通貨を使用したい人は歓迎されている。違法とはみなされていないが、当局はビットコインが関係している違法行為については起訴をしている。ドイツの規制では、ビットコインは「会計単位」とみなされているが、課税や合法的な取引の目的で使用することができる。しかし、現時点では外貨とはみなされてはおらず、「民間資金」として認められている。

ポーランド

ポーランドの政府は最近、ビットコインの規制について議論している。それについては2つの異なる観点がある。一方で、暗号化通貨を受け入れることは、金融政策について完全な権限を放棄しなければならないことを意味するかもしれない。しかし、厳格な規制はブロックチェーン技術の使用を妨げるかもしれない。2013年12月、財務省はビットコインを違法と見なさないと発表したが、法定通貨とも、電子マネーともみなしていない。

中国

中国では、民間企業がビットコインを保有し、取引することができると規定しているが、金融機関では禁止されている。

オランダ

オランダは、ビットコインがもっとも使いやすい国といわなければならない。とくに、独自の「Bitcoin City」の本拠地であり、ビットコインを購入して使いたい人は、ガス代から歯科医療代まで、望むものはほとんどのものにビットコインを使うことができる。現在、オランダの金融監督法の下では、仮想通貨は規制されていないため、たくさんの仮想通貨の新興企業やATM、コミュニティ、ビットコイン大使館などがある。さらに、オランダの銀行では、コストを削減し、独自の技術を向上させる手段として、ビットコインとブロックチェーンを検討し始めた。

イギリス

イングランド銀行は、ビットコインとそれを取り巻く技術を密接に検討してきている。現時点では、仮想通貨は民間資金とみなされ、付加価値税は通常どおり課税される。多くのブロックチェーン関連の新興企業が存在し、かなりビットコインが使いやすい国である。

マレーシア

マレーシアの国立銀行であるネガラ・マレーシア(BNM)は、教育目的でビットコインの地元の主宰者と会ったが、コメントは出していない。しかし、2014年にネガラ・マレーシアは、ビットコインがマレーシアで合法的な通貨としては認められておらず、規制もされていないと述べている。ウィキペディアによると、ビットコイン予防措置が取られるべきであるという。coindesk.comによると、ネガラ・マレーシアのウエブサイトでは、「ビートコインはマレーシアで合法的な通貨としては認められていない。マレーシア中央銀行はビットコインの運営を規制していない。 したがって、そのようなデジタル通貨の使用に伴うリスクには注意を払う必要がある」と述べられている。

出典:https://medium.com/dinardirham

<辻 秀雄>