FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

山中康司セミナー「株価指数先物、原油先物、金をFXに活用しよう」を公開


株式会社FXトレード・フィナンシャル【関東財務局長(金商)第258号】では、先日追加されたCFD4銘柄に関連して、山中康司氏のオンラインセミナーを公開しました。

「FXTF MT4では、国内で初めてMT4にCFD4銘柄(ダウ先物、日経225先物、WTI原油先物、金)チャートが追加されました。

為替市場と周辺市場(金利市場・債券市場・株式市場・商品市場)はお互いに影響しあっています。
実はこれまで一般の投資家の皆さんが簡単にダウやWTIを見ることはできませんでしたが、この4銘柄をドル円チャートなどと並行してみられるのがFXTF MT4の大きなメリットです。
今回は、どのような銘柄が追加されたのか、どのような使い方をするのか、について簡単にまとめてみたいと思います。」(山中康司氏)

【概要】
○為替市場と周辺市場
・為替市場と周辺市場(金利市場・債券市場・株式市場・商品市場)はお互いに影響しあっている

○金利市場(短期金利・長期金利)
重要だが、頻繁に変更されるものではないため、ざっくり見ていくだけで十分

○株式市場
・債権と株式の資産の移し替えの動き
・最近では、リスクオン・リスクオフの動きが多い
・短い時間(ザラ場の1時間足など)でも、株式市場と円相場・ドル円・クロス円の相関が高い

○商品市場
・金価格・原油価格に最も注目。為替にも影響が大きい
・原油価格が上がるとインフレにつながりやすく、下がるとデフレにつながりやすい。政策金利にも影響

○先物について
・なぜ追加銘柄は先物なのか? ⇒ 取引時間の長さ
・馴染みの無い方のための知っておくべき先物の基礎知識

○FXTF MT4のCFD銘柄の表示方法・注意点
○ドル円などの通貨ペアと追加CFD4銘柄の相関関係の具体例