FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

バイナリーオプション詐欺に対応開始。カナダでは13の金融規制当局が共同で、詐欺への関心高めるためのサイトを開設


近年のカナダにおけるバイナリーオプション詐欺の急増に対応して、カナダではさらに取り締まりを強化する。まず3月2日から、証券管理局(CSA)と他の主要13の同国金融監督官庁が協力して特捜班を設置したのに加え、新たにバイナリーオプション詐欺に関するサイトを開設した。これは、カナダの個人投資家たちに、バイナリーオプション詐欺について勉強してもらうためのキャンペーンの一つとなる。

2016年、カナダの規制当局がバイナリーオプションについて投資家たちから受け取った被害報告や質問は800件以上で、同特捜班によれば、バイナリーオプション詐欺は今、カナダ人にとって、最大の投資詐欺になっているという。

問題は、こうした詐欺を行っている会社も個人も、カナダでは登録されていないことで、新たに開設された注意喚起のためのサイトでも、この点を明記。CSAは世界の規制当局とクレジットカード会社、金融機関などにも情報交換の協力を要請、すでに過去数か月間で、多くの意見交換をしたことも明らかにした。

一方で詐欺に遭った被害者は皆、電話勧誘や紙媒体からでなく、facebookなどのソーシャルメディア上の広告を通じてバイナリーオプションを始め、何のアドバイスもなしに、結果的に多額の損をしているケースが多いことから、特捜班は、オンライン広告業者に対してバイナリーオプションの広告削除も指示しているという。

■主要国金融監督当局へのリンクはこちら