FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社ポケットチェンジ】余った外貨を電子マネーに交換するポケットチェンジ、「グローバルWiFi(R)」の株式会社ビジョンと業務提携を開始


海外旅行から戻ったときに余った米ドルなどの外国の紙幣や硬貨を日本国内で使えるように、電子マネーなどに交換できるサービスを提供する株式会社ポケットチェンジは、グローバルWiFi事業を行っている株式会社ビジョンと業務提携を開始した。

2017年4月現在、ポケットチェンジは、海外旅行で使い切れなかった外国の紙幣や貨幣を電子マネーに交換できるサービスを、羽田空港国際線ターミナル2階の到着ロビー階で提供している。

一方、ビジョンは、海外渡航者(日本へ渡航される訪日外国人旅行者、海外事業展開先の国からの渡航者含)へモバイルインターネット環境を提供するグローバルWiFi事業を展開している。グローバルWiFi事業の利用者は、グループ全体で年間114万レンタル以上(2016年実績・ビジョン調べ)になっており、インバウンド需要が増えるに従って、増加の一途にある。

今回、両者が業務提携をしたことによって、どんなサービスが新たに生まれるのだろうか。以下に挙げることが考えられる。

①ビジョンが運営する歌舞伎町インバウンドタワー(仮称)へポケットチェンジを設置し、海外旅行から急いで帰宅してしまった日本人、訪日旅行中の外国人にも、ショッピングや食事の合間等に、ポケットチェンジを便利に利用することが可能だ。

②ポケットチェンジを利用する時に発行するレシートに、次回の海外渡航時に利用できる「グローバルWiFi(R)」割引クーポンをあわせて印字し、ポケットチェンジを利用する方へ「グローバルWiFi(R)」を案内する。

③「グローバルWiFi(R)」「NINJA WiFi(R)」を利用する方に対しては、ポケットチェンジ利用時に優遇交換レートを提供するなど、サービス拡充の検討を進めていく。これによって、サービスの相互利用が、より便利で得になる。

④今後、ポケットチェンジサービスを展開する国内外の設置地域においても、相互送客を実現できる。

「ポケットチェンジ」サービス概要

設置場所:羽田空港 国際線ターミナル2階(到着)ロビー(2017年4月時点)
対応通貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語
交換先サービス:WAON、楽天Edy、 Amazonギフト券、 LINEギフトコード、 WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類

<辻 秀雄>