FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【EZインベスト証券株式会社】スピーディに対応するブティック型のFX会社。グローバルネットワークと最高峰の金融テクノロジーが強み


ezsec_logo

EZインベスト証券株式会社【関東財務局長(金商)第156号】
代表取締役社長兼会長 Yoav Keidar(ヨアブ ケイダー)

ezsec_ceo1

セールス&マーケティング部部長 大森恒郎

ezsec_manager

世界最高水準の取引環境とサービスを提供

――まずはじめに、御社の特徴といいますか、強みとは何でしょうか?

Yoav 私たちの強みは、世界6カ国でビジネスを展開する、EZTDグループのグローバルネットワークと、金融の最前線で磨き上げた最高峰のテクノロジーを持っていることです。それらを融合し、金融のスペシャリストを揃え、日本のお客さまに世界最高水準の取引環境とサービスを提供することが可能なことです。

FX市場では、グローバリゼーションがひとつの鍵になると考えています。「FXとは何か?」を考えると、それは各国間の国際取引であり、アメリカで起こっていることは日本と中国で何が起きるかに影響します。それぞれの市場は、異なる視点と、異なるインパクトを持っています。

たとえば、トランプ大統領がいくつかの意思決定や発表を行う場合、中国市場やオーストラリア市場、欧州市場、米国市場、日本市場では、それぞれ見方が異なります。グローバル企業であるため、日本市場でのトランプ大統領の判断の影響だけでなく、より幅広い分析が可能です。そのように世界の金融市場からの私たちの現状分析は、公平で広い見識からのものとなりお客さまにより良いサービスを提供することができます。

EZMT4とEZDealの2つの取引コース

――御社の取引コースには、EZMT4とEZDealの二つがありますが、どんな特徴があるのでしょうか?

大森 EZMT4は、「MT4」を使った取引になります。ご存じのように、MT4は日本のみならず、世界中で広く愛用されている取引システムです。当社のMT4は、FX取引だけでなく、証券CFDも取引できるのが特徴のひとつです。

――何通貨ペアを取り扱っておられますか?

大森 24通貨ペアです。EZMT4には、1000通貨単位で取引できる「ミニコース」と、1万通貨単位で取引できる「スタンダードコース」の二つを設けています。一方、証券CFDは、日経225指数やNYダウ指数、Nasdaq指数をはじめ、欧州各国やオーストラリア、香港など、世界の主要株価指数を10種類取り扱っています。

――金とか原油といった商品CFDはやっておられないのですか?

大森 CFDについては、株価指数のみですね。MT4では、FX、CFDともに、裁量取引だけではなく、EAを使った自動売買取引を行うことができることが、魅力のひとつとなっています。

――そうですか。では、EZDealの特徴は?

大森 EZDealは、Dukascopy Bankが提供する取引システム「Jforex」を利用した取引となります。EZDealは、MT4と同様に、裁量取引だけではなく、自動売買取引も行うことができます。このシステムで自動売買を行う場合には、取引プラットフォームに予め搭載されているコンバータを使い、MT4で使用されるEAと呼ばれる自動売買ツールをEZDeal上で稼働するようにプログラムをコンバートして利用することが可能です。また、API接続での自動売買取引も可能です。

――通貨ペア数はいくつですか?

大森 こちらは28通貨ペアを取り扱っています。取引単位は1万通貨単位からです。

――CFD取引もできるんですか?

大森 いえ、EZDealでは、FXのみの取引となります。EZDealで裁量取引されるお客さまにとっては、200種類以上の分析ツールが予め搭載されていますので、初心者のお客さまだけでなく、中上級者のお客さまにも幅広くご利用いただけるのではないかと思っています。

――カバー先はどちらになりますか?

大森 EZMT4の場合は、弊社の海外グループ会社であるWGM Services LimitedとイギリスのLMAX Limited社です。EZDealの場合は、弊社のカバー先は株式会社AFT社ですが、同社ではスイスのDukascopy Bank SA社に対してカバー取引を行っております。

NDD(No Dealing Desk)方式を採用

――わかりました。次に、取引システムの特徴ですが?

大森 EZMT4、EZDeal共に、NDD(No Dealing Desk)方式を採用しています。お客さまの注文はディーラーを介さず、即時にカバー取引先で処理されますので、非常に透明性の高い公正な価格で約定されるのが特徴です。したがって、当社はお客さまとの取引においてはポジションを持たず、お客さまの注文をカバー取引先につなぐことに徹しており、リスクを軽減しています。ですから、高速取引やスキャルピング取引といった超短期の取引にも難なく対応できます。

――スキャルピング取引を拒否したり、口座を凍結するFX会社もあると聞きますが……。

大森 当社は、スキャルピングのお客さまも大歓迎です。

――約定率はどのぐらいですか?

大森 MT4については、基本的に約定拒否はありません。EZDealは、スリッページの許容幅をお客さまが設定することができますので、その範囲で約定が可能な注文であれば、基本的には、約定拒否はほぼないと考えています。

――約定スピードは?

大森 MT4に関しましては、お客差からの注文を受けてから約定までのスピードを最大化させるために、MT4システムサーバーとカバー取引先のサーバーを、東京のデータセンター(TY3)に設置しました。それによって、お客さまの注文を受けてから約定までのすべてを東京のデータセンター内で行なっています。

具体的には、日本国内からの注文を海外のサーバーで受注して約定するよりも、日本国内で約定処理するほうがスピーディにお客さまの注文が処理され、投資家の皆さんが期待される取引がより実現されやすくなります。高速取引やスキャルピング取引を行う方にとっては、スピーディな約定は不可欠だと思いますので、このように、一見、小さなことにもこだわって、お客さまの期待に添えるようなサービスを提供するよう努めています。これも当社の大きな魅力のひとつと言えます。

――スプレッドはどのぐらいですか?

大森 EZMT4のスタンダードコースで、平時であれば、「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」で1から1.3pips程度で価格提示されているケースが多いと思います。

FXの基礎を学べる動画コンテンツを準備

――投資家に対する情報サービスはいかがでしょうか?

大森 現在、動画でFXを学ぶコンテンツの準備は進めております。近々、配信する予定にしていますので、ご期待ください。

――どんな内容ですか?

大森 たとえば、FXとは何かとか、MT4の使い方などを紹介するといった、本当に基本的な内容になっています。

――いつ頃、配信予定ですか?

大森 春先に配信できればと思っています。

――投資家保護については、カスタマーサービスも含めていかがでしょうか?

大森 法令に則り、お客さまから預かった資金は、信託財産として、当社ではファースト信託に預け入れることによって、当社の資金と区別して保管しています。

――カスタマーサービスですが、何時から何時まででしょうか?

大森 現状は午前9時から午後5時までになっています。フリーダイアルを用意しておりますので、そちらでお問い合わせなどを受けております。

――担当者は何名ぐらいですか?

大森 お電話でご説明する要員としては、3名ですね。

バイナリーオプションの導入は考えていない

――バイナリーオプションですが。

大森 バイナリーオプションは、当社の海外グループ会社が取り扱っておりますので、そのノウハウは持ち合わせてはいます。ただ、国内においては、日本の皆さんにまずFXや証券CFD取引を浸透させていきたいと考えていますので、現時点では導入は検討しておりません。

――いずれは導入される予定ですか?

大森 そのことについても現時点では検討はしておりません。

――何故ですか?

大森 国内のバイナリーオプション取引を見ていても、金融庁の規制が厳しいことや、商品自体にあまり魅力を感じられないといったことでしょうか。

――仮想通貨についてのお考えはいかがでしょうか?

大森 国内でも広く検討が進んできていることは認識していますが、今後、お客さまにとって魅力ある商品が提供できるのであれば、積極的に検討していきたいと考えております。まずは、私たち自身がお客さまにどのようなかたちでサービスの提供が可能なのかを勉強しなければならないのかな、と思っています。現時点では、仮想通貨よりも、FXや証券CFD取引に注力していきたいと考えています。

――ビットコインは本社のほうでは取り扱ってはおられませんか?

大森 取り扱ってはいません。

「横浜F・マリノス」キャンペーンを実施

ezsec_service1

――セミナーとかキャンペーンなんですが?

大森 一応、キャンペーンに関しましては、ホームページでもキャンペーン頁を設けたのですが、今年から当社は、横浜F・マリノスのトップパートナーになっております。

――そうですね。

大森 選手が試合できるユニフォームのパンツの部分に当社の社名がプリントされるようになったのですが、そういうこともありまして、マリノス応援キャンペーンと言ったらいいのでしょうか、横浜F・マリノスキャンペーンを行っています。具体的には、横浜F・マリノス主催試合でのテラスボックスシートという特別シートでの観戦を含めた観戦チケットや、選手の直筆のサインが入ったユニフォームやサッカーボールをプレゼントしています。

――当然、取引状況に応じてということですね?

大森 取引高による応募条件を定めていますので、応募条件をクリアした方はどなたでもキャンペーンに応募できます。ぜひ、この機会にご応募ください、お待ちしております。

――横浜F・マリノスのトップパートナーになられたのはどうしてですか?

大森 サッカーというのは動きが激しいですし、FXも相場が急激に動くことがあって、瞬時の判断が求められるということでは、共通点があるのかな、ということですね。

――セミナーはいかがでしょうか?

大森 セミナーについては、今、企画を検討中です。大人数でのセミナーというよりは、比較的少人数でお互いの顔が見えるようなセミナーを実施していければと考えています。

――少人数と言うと、20名から30名ぐらいですか?

大森 いや、もっと少なくて10名ぐらいでと考えています。そのほうが、お客さまもFXや当社のことを身近に感じてもらえるのではないかと思います。そうやって、当社のファンを増やしていければと思っています。

――じゃあ、セミナーは今後に、ということですね。

大森 そうです。

FX取引は奥が深い

――これからFXを始めたいと思っている方に対して、アドバイスをお願いいたします。

大森 FXは少額から取引が可能で、上がるか下がるかだけを判断すればいい、と聞くと、一見、簡単そうに見えますが、FX取引は、各国通貨の国際取引であり、さまざまな事象が価格変動の要因になります。

日本で起こっていることだけではなく、アメリカで起こっていること、ヨーロッパで起こっていることが相場に影響します。また、起こった事象に対するとらえ方もそれぞれの立場で異なりますので、相場に対するインパクトが違ってきます。そういう意味では、FXは奥の深い取引なのです。

日本国内では、FX取引業者間の競争が激しく、世界中で最も優れたサービスが提供されていると思いますが、当社は、透明性の高い公正な取引を提供いたしますので、ぜひ、ご利用をご検討ください。

心のこもった“Home”のサービスを提供

――ところで、御社の企業理念、企業文化についてですが、EZインベスト証券はどんな企業ですか?

Yoav 冒頭で申しましたことに加えて、私たちは自分たちを「ブティック」として見ていることです。私たちはお客さまにパーソナルで、心のこもった“Home”のサービスを提供したいと考えています。オンラインとインターネットだけではなく、オンンラインでもインターネットであっても、お客さまにテーラーメイドのサービスや、お互いの顔が見える対面のサービス、VIPサービスなどを提供したいと考えています。

私たちのお客さまがご自分の“Home”にいるように感じることができるようなサポートの提供、たとえば、お客さまが私たちに相談したことがあった場合、コンサルティングサービスや、他の国のグローバルアナリストからの情報をご提供したり、あるいは、私たちのオフィスや、ラウンジでの打ち合わせを提案したりすることができます。

一人ひとりのお客さまのご要望に添って、きめ細やかな付加価値の高いサービスを提供し、オンラインであっても、お客さまにここは自分の“Home”と同じなのだと感じていただけるようにしたいと考えています。

そして、長期的に、ご満足いただけるパートナーであり続けたいと、そういった企業でありたいと考えています。多くの皆さまに、当社のサービスを体感していただきたいと思っています。

ezsec_ceo2

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する