FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均続落、北朝鮮情勢で緊張感高まる

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万8552円61銭 前日比-195円26銭

その他の指数

・TOPIX      1479.54 前日比-15.56
・東証2部指数   5502.36 前日比-32.54
・東証マザーズ   978.76  前日比-34.98
・東証ジャスダック 2860.36 前日比-50.03

本日の日経平均株価は続落。シリアや北朝鮮情勢における地政学リスクは依然燻り為替市場ではドル円が1ドル109円台をつけ、日本株は朝方から円高を嫌気した売りが先行しました。ザラ場中は北朝鮮の故・金日成主席の生誕105周年を控え米空母が朝鮮半島近海に向けて移動をしているとの報道や、仏大統領選を巡る世論調査でルペン氏とメランション氏の一騎打ちの可能性が示されたことなどが投資マインドを冷やし指数は一時1万8500円を割り込む場面もありましたが、その後押し目買いが入ったことで下げ幅を縮小して引けています。業種別では33業種中上昇は水産、陸運、建設。反面石油の下落が目立ちました。個別では防衛関連銘柄に引き続き資金が流入したことで細谷火工、石川製作所がストップ高となったほか北日本紡績も前日比23%超の急伸。東証1部の売買代金は2兆2136億円です。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続落。1日を通しマイナス圏での推移となりましたが、日足ボリンジャーバンドに目を向けますと-2σで下げ止まりを見せました。下値では買い戻しが入っており地政学リスクに警戒感がある中でもチャートは効いている様です。リスク面の報道に落ち着きが見えればテクニカルとしての転換点が働きやすくなりますが、報道次第なところがあります、危機感を持っておいて越したことは無いでしょう。

本日動いた注目の銘柄群

(3409)北日本紡績
合繊紡績糸メーカーです。北朝鮮を巡る地政学リスクが高まっていることを背景に防衛関連銘柄が盛り上がる中、同社が急騰している(6208)石川製作所の筆頭株主となっていることを材料視した買いが入っている模様で本日は一時164円まで買われる場面がありました。

(7649)スギホールディングス
3期連続で過去最高益を更新する見通しと報じられ急伸。調剤売上高の増加や店舗再編、運営業務の効率化などが功奏し17年2月期の連結経常利益は前期比0.3%増の238億円、18年2月期も前期比4.7%増の250億円が見込まれています。

(7777)スリー・ディー・マトリックス
吸収性局所止血材「TDM-621」について医薬品医療機器総合機構に治験計画届を提出したことが伝わりました。過去同止血剤の国内製造販売承認申請については一度取り下げたことがあり、今回は医薬品医療機器総合機構との相談の上治験計画を構築、17年5月から6月にかけて開始し概ね1年程度の治験を予定しています。

(4594)グリーンペプタイド
がんペプチドワクチンITK-1をはじめとする抗体測定用の検査試薬に関する特許出願が日本において特許査定を受けたことが材料視され一時570円まで買われました。患者の血中に存在する薬剤ペプチドに反応する抗体の量を調べる検査試薬に関する特許で、ITK-1プロジェクトは知的財産権面で強固に保護されることとなるという。

(7191)イントラスト
大手損害保険会社と共同開発した医療費用保証商品「虹」が鹿児島大学医学部・歯学部附属病院において導入決定。同商品は入院患者から保証料を受領して連帯保証人となることにより、患者が入院費用を滞納した場合に同社が医療機関に立替払いをするシステム。医療機関は未収金の回収業務軽減となり病院と入院患者双方に利点があるため今後は全国の医療機関に展開していく方針のようです。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する