FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ドル高牽制発言、円高が重し


本日の日経平均株価終値

1万8426円84銭 前日比-125円77銭

その他の指数

・TOPIX      1468.31 前日比-11.23
・東証2部指数   5498.85 前日比-3.51
・東証マザーズ   992.50  前日比+13.74
・東証ジャスダック 2858.12 前日比-2.24

本日の日経平均株価は続落。トランプ米大統領による「ドルが強くなり過ぎている」との発言を受け為替市場でドル/円が108円台をつけたことが嫌気され日本株は続落してのスタートとなりました。北朝鮮情勢への警戒感が高まる中、連休を控え海外投資家はポジション調整に動き売り優勢の展開、下げ幅は一時250円に迫る場面があったものの、下値では内需株を中心に買い戻しが入り大引けにかけては下げ幅を縮小しました。業種別では33業種中ガスと水産、パルプが上昇、一方で下げが目立ったのは石油・鉄鋼など。個別では本日信用規制が実施されたオービスがストップ高、サイバーステップやメドレックスへの資金流入も継続しています。東証1部の売買代金は2兆2590億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続落しました。寄り付きから大幅に下落したことで昨日下げ止まったボリンジャーバンドの-2σを割り込む場面がありましたが後場買い戻しの動きが出たことでローソク足は陽線に転換。終値でも-2σを上回り、地政学リスクに絡む報道睨みの相場ながら押し目買いの需要が下値を支えた格好に。

今日動いた注目の銘柄群

(7777)3Dマトリクス
ヨーロッパ連結子会社が独PENTAXEurope GmbHとの間で吸収性局所止血材「PuraStat」のフランス・オランダ・ポルトガルでの製品販売権許諾契約締結したとの報道。これによりヨーロッパ連結子会社はPENTAXに対し消化器内視鏡の適用分野において販売権を許諾し製品を供給する一方、PENTAXは各国で医療機関へ販売する。

(6836)ぷらっとホーム
インテルが世界標準のIoTプラットフォームを採用した家庭向け宅内IoTプラットフォームの実証実験を開始すると発表し、実証用宅内IoTゲートウェイを手掛けるぷらっとホームに思惑買いが向かっていると見られます。当実証実験には(9503)関西電力なども参加する模様で、ぷらっとホームは本日ストップ高の2204円まで買われました。

(2379)ディップ
決算を発表し17年2月期の経常利益は前期比27.5%増の91.4億円、18年2月期も前期比14.9%増の105億円を見込み5期連続最高益更新の見通しに。アルバイト求人情報サイト「バイトル」や派遣求人サイト「はたらこねっと」の出稿が伸長、今期は前期比3円増配の方針と報じられ一時2363円をつける場面がありました。

(7581)サイゼリヤ
17年8月期の第2四半期営業利益で前年同期比44.2%増の46.38億円と計画から大幅上振れ着地。原価改善や中国の営業利益率改善などが寄与し17年8月期の通期予想も93億円から110億円に引き上げ、上振れを好感する買いが向かいました。

(3967)エルテス
2017年2月期決算発表で、売上高は前年同期比43.7%増の13.79億円、当期純利益が同17.0%増の1.04億円となったことが伝わりました。大手損害保険会社との連携によってネット炎上時の補償サービスの開発などリスクマネジメント支援に注力。今後は人工知能を活用した内部不正検知の「リスクインテリジェンスサービス」を本格的に展開していく模様です。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS