FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

続伸も上値追い材料難


本日の日経平均株価終値

1万8418円59銭 前日比+63円33銭

その他の指数

・TOPIX      1471.53 前日比+5.84
・東証2部指数   5592.65 前日比+105.69
・東証マザーズ   1002.96 前日比+11.24
・東証ジャスダック 2895.54 前日比+33.19

本日の日経平均株価は続伸。休場明けの米国株が堅調だったことや、為替市場では1ドル109円台前半と円高進行に一服感が出たことなどから輸出株を中心に買い先行の展開となりました。ザラ場中は世耕経産相とロス米商務長官の会談での発言が伝わったものの市場での反応は限定的。また北朝鮮情勢は依然警戒感が漂い上値を買う動きは見られず、様子見ムードの中先物主導で売りものが出、指数は次第に伸び悩み上げ幅を縮小して大引けを迎えました。業種別では金融や銀行などが値上がり率上位だった反面水産や食料が下落、個別ではATMの通信安全に向けた新サービスを開始と報じられた大興電子通信がストップ高。東証1部の売買代金は1兆7744億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続伸しました。ボリンジャーバンドの-1σと一目均衡表の転換線に触れた後は売りに押されましたが終値では日足5日移動平均線を上抜けており、明日以降は同線がサポートに変わるかどうかに注目したいところです。

今日動いた注目の銘柄群

(3479)ティーケーピー
FCビジネスの発掘や支援を手掛けるATカンパニーから5月1日付でシェアオフィス・レンタルオフィス事業を譲受けると報じられ大幅続伸。TKPの全国貸会議室ネットワークを連携し安心・安全な環境下での簡易会議や打ち合わせスペースの提供を目指すとのことで業績への寄与が期待されます。

(3901)マークラインズ
競合車種などを購入して、性能や構造、コストなどを比較分析するティアダウンの米マンロー&アソシエイツ社と業務提携と伝わりました。情報プラットフォームのコンテンツの充実および新たなサービスラインの展開でティアダウンに関する事業を強化する方針。

(7745)エー・アンド・デイ
気温、気圧、高感度身体活動など環境生活信号と血圧、心拍、脈波波形の生体信号を同時に時系列評価できるマルチセンサー携帯型自動血圧計「TM-2441」を開発したと発表。24時間血圧計としてのみならず家庭用血圧計、診察室血圧計など、循環器疾患の個別治療に活用できるという。本日は一時423円まで買われました。

(6753)シャープ
18日付日刊工業新聞が「シャープは台湾鴻海精密工業に無人搬送車100台程度を納入する」と報じられ一時前日比6%を超える上昇も。約20年前から自社の複写機工場などで無人搬送車を活用していたシャープが2017年度中に計100台程度を販売するとのこと。

(6664)オプトエレクト
セブンイレブンなど大手コンビニ5社は25年までに国内全店にセルフレジを導入すると伝わりバーコードスキャナを手がける同社などセルフレジ関連銘柄に物色が向かいました。オプトエレクトロニクスは、レーザーエンジンで国内シェア9割、世界2位。697円まで買われた後は利益確定売りに押されました。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS