FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均大幅反発 主力株に買い戻し

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万8620円75銭 前日比+190円26銭

その他の指数

・TOPIX      1488.58 前日比+15.77
・東証2部指数   5702.30 前日比+46.45
・東証マザーズ   1008.64 前日比-7.57
・東証ジャスダック 2926.00 前日比+6.41

本日の日経平均株価は反発。前日の米国株高に加え為替が1ドル109円台で落ち着いた値動きとなっていることなどを好感し買いが先行しました。依然フランス大統領選への警戒感は意識されているものの、米財務長官による税制改革案への言及や米長期金利の底打ち感から仕掛け的な売りを入れられる地合いではなく概ね良好な外部環境を支援材料に日本株は高値圏もみ合いの展開に。業種別では33業種中サービス業を除く32業種が上昇、個別では樹脂硬化剤の開発が報じられた東洋合成工業がストップ高、また17年3月期通期上方修正を発表した東邦アセチレンもストップ高で1000円台に乗せています。東証1部の売買代金は2兆2391億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反発しました。本日の大幅上昇で日足一目均衡表の転換線を上抜け、遅行線は横ばいから上向きに。未だ欧米の政策関連報道には注意が必要ですが、日経平均は押し目形成とも取れ、チャートは概ね良好と言えるでしょう。

今日動いた注目の銘柄群

(3808)オウケイウェイヴ
英語圏を対象として、独自のAIテクノロジーを利用したアプリ「オウケイウェイヴ・フード・アンサー」をAppStoreで提供を開始したとの報道で急伸。米子会社を通じて日米で特許を取得しているAIを用いた英語圏向けQ&Aアプリの第1弾ということで注目されており同アプリは日々のレシピなどに悩むユーザーに最適な回答の候補をみつけて教えてくれるというもの。

(4970)東洋合成工業
一部専門紙が報じたところによれば構造接着に利用できる樹脂硬化促進剤「TGC-ure」を開発、半導体チップや自動車等の構造接着を中心に用途開拓が期待されるとのこと。「TGC-ure」は硬化温度や速度を調節可能で硬化後は高い接着力を有する硬化膜を形成する。
本日は前日比で16%を超える大幅上昇、680円まで買われました。

(2130)メンバーズ
17年3月期連結業績は売上高が74億円→80億円に、営業利益は5.2億円→6億円に上振れたと発表、これが買い材料視された模様です。顧客企業のデジタルマーケティング投資拡大を受けEMCモデル提供クライアントとの取引が拡大、業績押し上げ要因となった。株価は一時665円まで買われる場面があったものの、上昇後は利益確定売りに押され上げ幅を縮める展開。

(3907)シリコンスタジオ
同社ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 3」がNintendo Switchに対応したと伝わり出来高を伴って上昇。「YEBIS」は、3D/2Dのグラフィックスに対しグレア、レンズエフェクトなどをかけることができ、高度な光学的表現を可能にするという。本日は3310円まで買われる場面がありました。

(3912)モバイルファクトリー
17年1-3月期決算では売上高は前年同期比21.6%増の5.86億円、営業利益は同50.4%増の2.27億円となりました。17年12月期通期営業利益の見通しは7.61億円で据え置きながらも通期見通しに対し第1四半期時点の進捗率は29.9%、概ね計画通りの水準です。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する