FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均株価1万9000円台回復、北朝鮮リスク後退で

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9079円33銭 前日比+203円45銭

その他の指数

・TOPIX      1519.21 前日比+16.02
・東証2部指数   5727.14 前日比+38.29
・東証マザーズ   1004.27 前日比+15.98
・東証ジャスダック 2937.94 前日比+17.48

本日の日経平均株価は続伸。前日の欧米株は大幅上昇となったものの北朝鮮の軍創建記念日に対する地政学リスクへの警戒感から外為市場では円高に振れ、日本株は前日比3円安と小反落でのスタートとなりました。その後はすぐにプラス圏に切り返し、前場中と見られた北朝鮮のミサイル発射に関する報道はなく警戒感が和らいたことで指数は徐々に上げ幅を拡大、3週間振りに節目の1万9000円台を回復しています。業種別では保険や証券、非鉄金属などの上昇が目立った半面下落は医薬品と情報・通信業のみ。個別では今期経常65%上方修正が報じられた北川精機がストップ高、固定資産譲渡関連益計上の広栄化学工業も前日比24%超の上昇となりました。東証1部の売買代金は2兆3018億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は3日続伸、75日移動平均線とボリンジャーバンドの+1σに上値を抑えられ伸び悩みましたが、一目均衡表の基準線をはっきりと上抜けた価格帯での推移となりました。目先では日足チャートですぐ上に構えている雲を突破できるかどうかに注目が集まりそう、週足チャートに目を移しますとローソク足は陽線を引き転換線を上抜けています。

今日動いた注目の銘柄群

(2468)フュートレック
長崎バス観光の長崎着地型ツアーに同社4言語対応多言語ガイドシステム「U・feel Wireless」が採用されました。同システムは設置工事が不要のためマイクロバスへの導入が容易となっておりフュートレックの販売パートナー名鉄交通商事を通じ提供された模様でこの報道により後場上げ幅を拡大しました。

(6545)IIF
(9048)名鉄と業務提携し合弁会社「名鉄ライフサポート」を設立、短時間のリハビリ型デイサービス「名鉄レコードブック」を展開することが伝わりストップ高買い気配となっています。名鉄のブランド力とIIFのデイサービス経営ノウハウによりシニア向けビジネスの拡大を狙うとのこと。

(6857)アドバンテスト
シリコンサイクルから脱却した半導体需要増やNAND型メモリ供給不足などから製造装置メーカーの成長期待が高まっている。中でも同社における検査装置分野の需要拡大は顕著であり本日で6連騰と堅調な推移が継続、年初来高値2214円更新も視野に入っています。

(6723)ルネサスエレクトロニクス
25日付日経産業新聞の「高性能マイコンにAI機能を持たせる技術を開発した」との報道が買い材料視され株価は1100円台で堅調に推移しています。同技術はIoT機器にAIを搭載し
演算処理することで、データセンターとの通信に必要な時間やコストを省くことができるとして新規受注獲得の期待を呼んでいるようです。

(2330)フォーサイド
マレーシア政府通信マルチメディア委員会と情報通信分野で相互協力のための協議を開始すると伝わり急伸。4月末にはNASAが中心となりマレーシアで開催される宇宙関係のオープンデータ活用を目指すイベントにもスポンサーとして協賛参加することがわかっています。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する