エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【取材レポート】 第9回「日本で一番大切にしたい会社」大賞受賞者決定記者発表会に潜入取材

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

2019年2月20日(水)13時から、東京・九段北のイマージョンのセミナールームで、第9回「日本で一番大切にしたい会社」大賞受賞者決定記者発表会が開催された。主催したのは「人を大切にする経営学会」で、経済産業大臣賞や厚生労働大臣賞、中小企業庁長官賞など、20社が選定された。「日本で一番大切にしたい会社」大賞は、2010年から始まったもので、2019年で9回を数える。

受賞内容の説明を行ったのは、「人を大切にする経営学会」の会長である坂本光司氏。坂本氏は、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の審査委員長でもある。

「応募総数は100社で、2018年に引き続いて100社を超えました。ちなみに、100社を超えたのは2018年からで、2018年の応募者数は104社でした」と、坂本氏は前置きをしたあと、受賞企業と受賞理由の説明にうつった。

坂本光司会長

経済産業大臣賞は、生活協同組合コープ宮崎
まず、経済産業大臣賞に選ばれたのは、宮崎県宮崎市にある「生活協同組合コープ宮崎」である。1973年設立で、従業員数は2036名を数える。生活協同組合が経済産業大臣賞に選ばれるのは初めてだが、満場一致で選出された。
その理由はこうだ。
・組合の設立から、社員数が2000名を超えた今日まで、業績や勝ち負けではなく、社員の雇用と顧客であり出資者の生活と高い満足度を守ることを第一に、この45年間のぶれない経営姿勢は傾注に値する。
・社員の生きがい、働きがいを尊重し、実質定年なしの無期雇用とし、現在も70歳以上の社員が29名いる。
・「良くするカード・良かったよカード」が年間8万枚以上提出され、そのすべてが経営や店舗づくりにみごとに生かされている。
・小学生までの育児休業制度など、法定福利を遥かに上回る、活きた法定外福利制度が多数用意されている。

厚生労働大臣賞は、共同
続いて、厚生労働大臣賞に選ばれたのは、静岡県浜松市にある「共同」である。共同は2017年に応募して落選したが、2018年に再チャレンジし、みごと受賞を勝ち取った。設立は1978年で、従業員数は352名、ビルメンテナンスの会社である。
厚生労働大臣賞に選ばれた理由は、以下の通りである。
・創業以来、「ES(employee satisfaction従業員満足度)なくしてCS(customer satisfaction顧客満足度)なし」を基本テーマに、社員一人ひとりの働きがいと成長実感を大切にした、人間尊重の経営は傾注に値する。
・ビルメンテナンス業界という、業界にあって、社員のモチベーションは高く、その転職的離職率もわずか0.5%と極めて低い。
・地域の働きたいという高齢者に注力し、地域の大企業などの定年退職者などの受け皿になっている。
・所定外労働時間や、障害者雇用、人事労務面に関する主要指標がいずれも極めて高い。

中小企業庁長官賞は、大和合金
中小企業庁長官賞に選ばれたのは、「大和合金」である。東京都板橋区にあり、設立は1941年で、従業員数141名、合金部品の製造、加工、販売の会社である。
受賞理由は以下の通りである。
・景気や流行に流されず、愚直一途に理念経営「誠実一路・積極一貫・大和一体・想像開発」を実践する姿勢は、中小ものづくり企業のモデル。
・大家族的経営を実践し、社員141名中、親子社員7名、夫婦社員が2名、兄弟社員が7名勤務している。
・社員のモチベーションと帰属意識は高く、ここ数年の転職的離職者はいない。
・遠くをはかる経営の実践のため、人財育成や研究開発に注力している。

中小企業基盤整備機構理事長賞は、武蔵堺自動車教習所
次に、中小企業基盤整備機構理事長賞は、東京都武蔵野市にある「武蔵境自動車教習所」が受賞した。設立は1960年で、社員数は160名、自動車学校などを経営している。受賞の理由はこうだ。
・社員とその家族、取引先、顧客、地域住民、とりわけ障害者など社会的弱者、出資者、関係機関の5方良しの経営を実践し、今や業界のモデルと高い評価をされている。
・人柄の良い、頼りになる社員の育成のための社員教育に注力し、近年では社員一人あたりの年間教育費は30万円から40万円と極めて高い。ちなみに、10万円で非常に教育に力を入れている企業と一般的には評価する。
・地域貢献、社会貢献にことの外熱心で、ほぼ毎月、地域や社会のためになるイベントを開催し、地域や社会から高い評価を受けている。
・業界ではいち早く女性社員の働き方改革にも取り組み、その努力もあり、現在の女性管理職の比率は33%と高い。

このほか、審査委員会特別賞12社と、実行委員会特別賞5社が選ばれ、合計で20社が受賞した。これは9回の歴史のなかで最多受賞数である。

厳しい応募資格と審査基準
「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の応募資格と審査基準はかなり厳しい。たとえば、応募資格にはどんな基準があるかといえば、次の通りである。
・過去5年以上、リストラなどの人員整理をしていない。
・過去5年以上、仕入先や協力企業などに一方的なコストダウンをしていない。
・過去5年以上、障害者雇用率は法定雇用率以上である(※45名以下の企業は施設などに発注している)。
・過去5年以上、黒字経営である(除く一過性)。
・過去5年以上、重大な労働災害を起こしていない。
・下請け代金支払い遅延等防止法などの法令違反をしていない。

審査は第一次審査(書類審査、審査項目50項目)を経て、第二次審査(現地ヒアリング調査)、そして、第三次審査(最終審査)を経て、受賞企業が決定する。
この最終審査の段階で、以下の企業は最終審査対象外となる。
・上記の応募資格に一つでも未達項目がある。
・主要項目の一つでも著しく劣悪な場合。
・第二次審査の評価点が30点以下の企業。
・劣悪な作業環境、福利厚生施設。
・トップや後継者の経営姿勢に疑問のある企業。
・社長の給料に比較し、社員の給料が著しく低い企業。
・その他本賞にふさわしくないと思われる企業。

坂本会長はこう述べる。
「応募企業のレベルは年々上がってきている。第一次審査の合格基準は50点以上としていたが、今回は60点以上ということにした。応募してきた企業のなかには、3年前に一度チャレンジし、再びチャレンジしてきた企業もあった。そして、授業企業の社員の家族をみると、家族の人数は多い。つまり、子どもが多い家庭が目立つ。日本は少子化が問題になっているが、『人を大切にする会社』を増やせば、少子化問題など、今の日本社会が抱ええいる問題の大半は解決する」

そこで、「人を大切にする経営学会」は、「人を大切にする経営と社員の子供の数に関する研究」を2019年3月に出版する予定である。

そして、2019年は節目となる第10回目を迎える。「人を大切にする経営学会」では、10年を記念して、大きなイベントを考えているようだ。最後に坂本会長はこう述べた。
「これまで受賞した企業が集まって『受賞企業の会』が組織されていて、毎年、イベントを開催している。さらに、この頃は中国の経営者からの問い合わせが多くなり、毎月、数十人の経営者がやってきている」

日本には何万社という企業の数があるが、「人を大切にする企業」はまだまだ少ないのが現実である。しかし、企業は人が財産であることを考えると、「人を大切にする企業」つまり、「日本でいちばん大切にしたい企業」に学ぶ必要がある。

参考
「審査委員会特別賞」受賞企業は以下の通りである。
陰山建設(福島県郡山市)
共立アイコム(静岡県藤枝市)
クレスコ(奈良県奈良市)
ココ・ファーム・ワイナリー(栃木県足利市)
社会福祉法人こころみる会(栃木県足利市)
佐藤薬品工業(奈良県橿原市)
スーパーホテル(大阪府大阪市)
八天堂(広島県三原市)
ビューティーサロンモリワキ(大阪府交野市)
廣野鐵工所(大阪府岸和田市)
ボーダレス・ジャパン(東京都新宿区)
宮川洋蘭(熊本県宇城市)

「実行委員会特別賞」授業企業は以下の通りである。
社会福祉法人いぶき福祉会(岐阜県岐阜市)
社会福祉法人雲南ひまわり福祉会(島根県雲南市)
一般社団法人AOH チョコレート工房ショコラボ(神奈川県横浜市)
社会福祉法人スマイリング・パーク(宮崎県都城市)
社会福祉法人北海道光生舎(北海道赤平市)

授賞式は3月22日(金)
第9回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の授賞式は、2019年3月22日(金)に実施される。
開催概要
日時:3月22日(金)13時~19時30分(受付開始は12時から)

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎6階さったホール
   東京都千代田区富士見2-17-1
   JR・地下鉄・市ヶ谷駅、飯田橋駅から徒歩10分
参加費:「人を大切にする経営学会」会員は無料
    一般は2000円 交流親睦会参加は別途5000円

入場登録・申込みはこちらから。

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する