資産運用なら人工知能(AI)を活用して運用しよう

Menu
Analyst Ratings Analyzer

araサービス

2008年には322社だったわが国の証券会社数は268社(2018年8月現在)にまで減少しています。しかし、そこで働くアナリストたちが作成するアナリストレポートは今も年間約15.6万件と膨大な数に及んでいます。
この過去10年間にわたるアナリストレポートをビッグデータ化し、人工知能(AI)を使って解析。その中から的中率の高い約500名のアナリストをリアルタイムでスコアリング。さらに、アナリストからの人気が高い銘柄もスコアリングした上で、毎週ハイスコアリングの推し株を提供―――。

これが「Analyst Ratings Analyzer(アナリスト・レーティング・アナライザー)」、略して「ara」です。

私たち個人投資家にだけでなく、より専門的な材料を必要とする顧客(銀行、生損保、年金基金などの機関投資家)にも投資情報を提供する証券会社のアナリストたちの情報は貴重な存在です。彼らは常に、国内外景気動向、業界(セクター)市況、経営者へのヒアリング、現在の株価動向等々を分析し、数々の企業の1年後の目標株価(今後上昇するのか下落するのか)を予想し、株価レーティングとして発表しています。

しかし、どれほど優秀なアナリストでも、100%予想が当たることはありません。投資家もまた、これら莫大なレポートのすべてを手に入れ、読み続けることは不可能です。唯一分かるのは、結果であり、株価レーティング(目標株価予想)が当たったのか外れたのかですが、その結果すら一個人投資家が検証するのは容易なことではありません。その結果、こうした貴重なアナリストレポートも単なる「参考資料」になりがちです。

araは、そんな投資家に代わって、過去10年間におよぶこれらアナリストレポートをビッグデータ化。その上で500名を超えるアナリストの株価レーティングと結果(的中率)を一定条件のもとで常時計測していき、個々のアナリストのスコアリングを行ってきました。

そして今、前週金曜日時点の結果をもとに、買い推奨とされる銘柄を公開します。
玉石混交と評されがちなアナリスト・レポート。しかし、その中には、それを書き続けるわが国の証券アナリストたちの株への熱い思いが詰まっています。

つまり、araは「日本で一番熱いアナリストの推しカブがわかる」サービスなのです。

ara4つのコースと
シミュレーション

araサービスでは、無料会員を含め4コースをご用意しています。

無料会員
まずはaraサービスを試してみたいという方に。
ブロンズコース
投資初心者におすすめのプラン
プラチナコース
投資経験があり、上昇期待銘柄情報や手仕舞い情報をいち早く知りたい方におすすめ
ダイヤモンドコース
分析者が株式専属コンシェルジュとなり、マンツーマンサポートが受けられる特別コース

シミュレーション:運用資金5,000,000円、株式投資デビューしたばかりの
Aさん(43歳・女性)の運用例

Aさん(43歳)の投資資金の推移

・2017年12月からブロンズコースにてサービス利用を開始、翌年3月には資金5,700,000円を突破。大幅資金増の結果に手応えを感じ継続中。サービス期間中は、1,110,800円の運用益を獲得しました(※)
・グラフ中、ポイントの箇所で銘柄売却。主なものに銘柄名をつけています。

※初回申込から最大5か月間、半額キャンペーンが適用され、月額利用料が半額となります。(キャンペーン期間:2019年3月29日まで)
※銘柄公開日は、原則、公開予定日の12時を目安に更新されます。公開曜日は変更となる場合がございます。
※公開銘柄数は目安であり、相場状況等により弊社推奨基準に達する銘柄が抽出されない場合には公開銘柄なしとなる場合もございます。各コースの銘柄は重複する場合があります。

araサービス活用例
(ポートフォリオ戦略)

あなたは、何も難しいことは考える必要なく、ただそれらを全て買い付けておくことで効率的な資産運用に有効なポートフォリオを構築することができます。

なぜならばaraで提供される銘柄は

1. 高い流動性を持つマーケットリーダー

ara銘柄となるのは優良企業が選りすぐられたアナリストカバー銘柄の中から優秀なアナリストが買い推奨した銘柄です。極限までふるいにかけられた、マーケットリーダーになりうる銘柄です。

2. 中長期的にも素晴らしいパフォーマンス

バックテスティングと運用実績による通算10年にも及ぶ検証を行い、2013年から2017年までの5年間の平均年間運用利回り実績は64.42%となっています。

3. 騰がりやすく下がりにくい

araでポートフォリオを組むと相場変動に以下のような傾向を示します。

日経平均 ara
相場上昇時 やや上回る
相場下落時 ゆるやかに下落
相場もみ合い時 15%/年間上昇
クラッシュ時 リーマンショック
(2008年)
-30.00% -10.00%
東日本大震災
(2011年)
-18.00% -10.50%
バーナンキショック
(2013年)
-17.20% -12.00%

・「リーマンショック(2008年)」「東日本大震災(2011年)」はバックテスティングデータをもとに算出。2013年以降は実運用のデータを基に算出。
・データは、エムプラス社からのデータをもとに作成。 ・上記は過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではございません。
・上記は抽出銘柄すべてを買い付けた場合の結果であり、araの「ダイヤモンドコース」を想定して表したものです。

データからもわかる通り、これらを全て、ただ買っておくだけであなたのポートフォリオが優秀なアナリストの選び抜いた銘柄で構成されるようになるのです。

araサービスを利用する際には、複数のara銘柄の中からいくつかを選んで投資するのではなく、ぜひとも推奨の通りに、全ての銘柄を仕込んでみてください。