エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Bitcoinexchangeguide】インド準備銀行の暗号通貨禁止措置は11月により明解化

最近、インドの最高裁判所は、銀行が暗号通貨取引所にサービスを提供することを妨げられたために起こった落ち込みのなかで、地方政府に対し、暗号通貨交換所とその市場に関する意見を求めることを決定した。

インド最高裁判所

2018年10月25日、最高裁は、国内銀行が暗号通貨企業に対してサービスの提供を禁止したインド準備銀行(RBI)の決定に対して、企業やインターネット・モバイル協会(IAMAI)からヒアリングを行った。聴聞会の終わりに、インド政府はこの問題について意見をまとめるために、2週間の猶予を与えられた。

インド準備銀行

暗号通貨は(まだ)インドでは合法ではないが、政府によってつくられたいくつかの措置のために違法にされている。インド準備銀行の支持者のなかには、銀行が当時の政府の公式の政策決定である暗号通貨の使用を思いとどませる決断を下したことを確認する者もいた。

インドの暗号通貨交換所であるWazirXの最高経営責任者は、政府がこの問題にいくつかの最終結果を与え、どのように処理されるかをわかりやすく決める必要があると述べた。「従業員がいて、仕事がある」とその最高経営責任者は断言した。だから、企業は国内で事業を再開させるために、モノゴトを決着させるむ必要がある。

現時点では、次の聴聞会はすでに11月20日に予定された。最高裁判所が政府の協力がなくても結論に達する可能性があるため、問題はすぐに解決されるように見える。

暗号通貨の禁止

2018年4月には、インド準備銀行は全国の銀行に対して、国からの交換を中止していた暗号通貨の顧客に、ルピーで彼らの製品を納品できるようにするために、接触を再開するよう命じた。これは大きな問題を引き起こし、多くの企業は顧客に支払いができなかったため、操業を停止された。

この問題は引き続き議論の的になっており、政府が規制していない暗号通貨を市民によって保持されることを政府が禁止ヲ望んでいるかもしれない、という報告もある。

モノゴトが悪化するにつれて、インドのバンガロール市は、Unocoinが所有していた暗号通貨のATMを取り押さえ、このサービスを提供しているオーナーを逮捕した。

バンガロール市街地

しかし、法律はいくぶんあいまいので、これらの問題が実際どのように時間をかけて解決されるかを見ていく必要がある。もし、政府が実際に将来的に肯定的な反応を示した場合、これらの問題はすべて解決され、インドで再び暗号通貨の取引ができる健全な環境がつくりだされるという希望がある

 

出典 Bitcoinexchangeguide

「Reserve Bank of India’s (RBI) Cryptocurrency Ban to Get More Clarity in November」

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ