エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Ginco】WOOKONGと共同でICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」を開発

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

暗号通貨ウォレットサービスを提供するGincoと、LongHashが、パートナーシップを締結。 LongHashが支援するWOOKONGのハードウェアウォレット開発技術と、 Gincoのソフトウェアアプリケーションを連携し、 ICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」を共同開発。

パートナーシップの目的
高い堅牢性と利便性を両立するユーザーファーストな資産管理方法を提供するものである。ブロックチェーンを利用したデジタルアセットの管理には、個人が、資産の紐づく秘密鍵を自身のウォレットで管理しなければならない。

ハードウェアウォレットの堅牢性と、スマホ内でサービスへの接続をしやすいモバイルウォレットの利便性は、二者択一の関係性にあった。しかし、Gincoがグローバルブロックチェーン企業のLongHashと提携し、WOOKONGのハードウェアウォレットの技術をベースに開発したICカード型仮想通貨ウォレット「Kinco」は、ハードウェアウォレットの堅牢性と、モバイルウォレットの利便性を両立できるソリューションだ。

共同開発するハードウェアウォレットKincoとは?

非接触通信と生体認証でハイエンドなセキュリティを実現している。多くのハードウェアウォレットは、「秘密鍵の保管」だけを目的としたデバイスで、利用するときには、オンライン端末と接続する必要があった。そうなると、端末がマルウェアで感染され、トランザクションの書き換えが問題視されてきた。

「Kinco」は、ハードウェアウォレットに付属するICチップ内で、「乱数に基づく鍵生成」「仮想通貨用のウォレットアドレス生成」「トランザクションの署名(暗号化)」までを行うため、資産の移動処理を完全にオフラインで実現できる。さらに、オンライン端末との接続するときには、指紋の生体認証でパスワードがいらずに、非接触通信でトランザクションデータを共有でき、ウォレット内部への干渉を防ぐことができる。

モバイルアプリとの連携によって実現する高いユーザビリティ
Kinco内の資産は、Gincoのポートフォリオ機能と自動的に連携しているため、アプリ内から常にチェックできるようになっている。Kinco内の資産移動は、GincoのUI/UXを利用すればよい。

ハードウェアウォレット「Kinco」とモバイルウォレット「Ginco」を結びつけることで、資産をより安全管理できる「金庫」と、資産を利用するときの「財布」と、両方の役割を発揮するソリューションとなる。

GincoとLongHashのシナジー
Gincoは、ブロックチェーン技術の普及と発展を目指し、暗号通貨などのデジタルアセットを安全に管理し、気軽に利用できるモバイルウォレットアプリを提供してきた。LongHashは、ブロックチェーンがもたらす本来のビジネスモデルと経済圏の革新を目指し、メディア運営やハードウェアウォレットの開発、インキュベーションなどで、多角的にブロックチェーン事業を展開している。今回の提携は、ウォレットソリューション以外に、ブロックチェーン技術の本格的な普及への第一歩となることは確実だ。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ