エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Use the Bitcoin】前連邦議会議員のRon Paul氏がビットコインは不景気を防ぐ可能性があると明言

前連邦議会議員で、以前はビットコイン懐疑論者だったRon Paul氏は、暗号通貨に関して免税を呼びかけている。そうした動きは経済的な不況を防ぐ可能性があると主張する。 Ron Paul氏は、現在、上院議員のRand Paul氏の父親で、Rand Paul氏は、ビットコインで寄付を受けつける最初の大統領候補として、2015年に歴史に名を刻んだ人である。

写真出典

Ron Paul氏は「トランプは正しい、連邦準備制度理事会(Fed)は狂っている」と題する自身のブログで、Fedは政策金利を操作していると、非難した。
「次にFedがつくりだす不景気は割合早くやってくる可能性がある。これは法定通貨の終焉につながる大きな大惨事になる可能性があります」

このような大惨事を避ける唯一の方法は、市民が代替通貨を使用し、貴金属と暗号化された通貨の「すべての取引をキャピタルゲイン税金やその他の税金から免除することだ」と彼は考えている。

中央銀行が政策金利をコントロールして経済をコントロールするためにマネーサプライを絶え間なく増減していると、Ron Paul氏は付け加える。

金利を操作する結果、人為的な好景気を生み出すために、それは景気後退の原因となる。

「これは繁栄の幻想をつくり出すことができます。結局のところ、現実は連邦準備制度理事会がつくりあげている空想に追いついています。それが起こるとき、景気後退や悪化が続き、FRBは全体の好景気と不景気の循環を繰り返し始めるようになる」

ジェローム・パウェルFRB議長

Ron Paul氏は自由主義者であり、自由市場における政府の介入に強く反対している。これは、暗号通貨のコミュニティによって共有される感情である。

Ron Paul氏はまた、連邦準備制度が廃止されるべきであると考えるに至ってしまっている。それは、限られた政府と操作されない経済が社会にとってより良いという意見に基づく信念によるものである。

しかし、ゴールドの基準を忠実に支持しているRon Paul氏は、いつもビットコインと暗号通貨に好意的ではない。2017年12月、彼は非公式のTwitter調査の参加者の半数以上が金よりもBitcoinに投資することに驚いた。

こういう質問だった。
「裕福な人はあなたに1万ドルを贈りたい。あなたは贈り物を受け取るフォームを選ぶことになります。しかし、問題があります。あなたは選択した形で贈り物を保持しなければならず、10年間それに触れることはできません。どのような形であなたは贈り物を受け取りますか?」

当時、Ron Paul氏は、ビットコインの投資家は長期的な視点に欠けていた、述べた。誰にも今後10年間に何が起こるか考えていたわけではなかったが、金に関しては、誰もがどこにいくかを考えていた。

しかし、その後の暗号の見通しは変わっており、ビットコインと金の裏づけをえた暗号通貨は、自由な社会の中で共存できると、Ron Paul氏は信じている。

出典 「Ron Paul, Former Congressman, Says Bitcoin Could Prevent Recession」

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ