エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社アイリッジ】電子地域通貨ユーザー専用の新電力プランの提供を開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

アイリッジの連結子会社で、フィンテック事業を展開するフィノバレーは、 2018年11月29日(木)、飛驒信用組合、電力のOEM販売プラットフォームを展開するイーネットワークシステムズの三者間で、岐阜県飛騨・高山地域の電子地域通貨「さるぼぼコイン」の活性化を図っていくために、業務提携を締結した。
写真出典

その第一弾のサービスとして、「さるぼぼコイン」で電気料金の支払いができる新電力プラン「さるぼぼコインプランpowered by ENS」を、2018年12月3日(月)から、一般家庭向けに開始する。電子地域通貨で電気料金を決済できるサービスは、日本で初めてのことになる。

「さるぼぼコイン」は、飛驒信用組合が岐阜県飛騨・高山地域を対象として運営する、スマートフォンアプリ上で利用できる電子地域通貨である。フィノバレーの電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を利用しており、利用者は加盟店に設置された二次元コードをスマートフォンアプリで読み取れば、軽にキャッシュレス決済ができるというものだ。2017年12月に加盟店が約100店舗になったことを機会に、商用化を開始した。2018年11月時点で加盟店が800店舗以上になっている。

「新電力プランのさるぼぼコインプラン」は、「さるぼぼコイン」を利用している「さるぼぼBank」ユーザーだけが申し込むことができる電力プランである。ユーザーは、中部電力の従量電灯B、C料金と同じ電気料金のまま、電気代を「さるぼぼコイン」で支払い、電気料金の最大8%を「さるぼぼポイント」で受け取れる。

「さるぼぼコイン」は、チャージのときに1%の「さるぼぼポイント」がたまるので、合計で9%分、割安に利用できる。貯まった「さるぼぼポイント」は、「さるぼぼコイン」と同じように、加盟店での支払いに利用できる。

電気料金はスマートフォンアプリからのプッシュ通知で確認でき、利便性が高いサービスとなっている。

ちなみに、さるぼぼBankとは、飛驒信用組合に口座を持ち、所定の手続きをした方が使える機能である。

導入の背景
 飛騨高山地域は冬の寒さが厳しく、 1月と2月の月平均気温は氷点下になる。一方、盆地なので、夏の最高気温も高く、真夏日も少なくない。ENSの実績に基づく試算では、ポイント還元額は大人4名、子供2名の家庭で年間約2万5,000円分に及ぶケースもあり、夏冬に高騰するユーザーの電気料金負担を軽減することで、還元された「さるぼぼポイント」の流通による、さらなる地域経済活性化が期待できる。
今後の展開
「さるぼぼコインプラン」の提供を通じて、2019年10月までに、2000件の申込みを見込み、展開を進めていく。また、今後は、一般家庭向け以外に、加盟店向けの電気料金支払いに対応するなど、サービスの範囲を拡大していく予定だ。

「さるぼぼ コイン」の概要
対象者:アプリ(無料)をダウンロードしたユーザー
利用可能店舗:高山市、飛騨市、白川村の約800店舗
チャージ可能場所:飛驒信用組合営業店舗窓口(店舗数:16店舗)
チャージ上限金額:10万円(さるぼぼPayユーザー)/200万円(さるぼぼBankユーザー)
チャージ時のポイント付与:チャージ金額の1%
交換単位:1円=1コイン
有効期限:最終利用日から一年後の当月末日(さるぼぼPay)、三年後の当月末日(さるぼぼBank)(ポイントは付与日から一年後の当月末日)

「さるぼぼ コイン プラン」の概要
対象者:さるぼぼBankユーザー
申込手数料:無料
解約手数料:無料
申込方法:手元に検針票を用意し、アプリの申込みフォームから申込む。

「さるぼぼコイン」アプリのダウンロード
飛驒信用組合 ホームページからダウンロードできる。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ