エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ALCHEMIST】ノアコインが、エストニアの暗号通貨取引所ATAIXに上場

ALCHEMISTが、日本でのPRパートナーシップ契約を結ぶ、ブロックチェーンを用いた日本とフィリピン間の為替市場と貿易の強化に焦点を当てた暗号通貨ネットワーク「Noah Coin(ノアコイン)」は、2018年12月4日(火)から、エストニアの暗号通貨取引所「ATAIX」に上場した。

「ATAIX」は、2018年11月1日(木)にオープンした、エストニアの暗号通貨取引所で、日本でも取引ができる。

エストニアとは?
 エストニアは、ITヲ活用して行政機能を効率化しているのが知られており、生まれた時から国民ひとりひとりにIDとメールアドレスを付与そ、それにもとづいた社会保障など実施されている。政府が発行する個人IDカードは、15歳以上のエストニア国民のほとんどが所持し、行政サービスのほとんどを、個人がコンピュータから済ますことができる(参照:Wikipedia)。エストニアでは、10年前からインターネットの普及活動が実施されてきており、2007年2月には、世界で初めて、議会選挙にインターネットを利用した電子投票を実施した。行政や規制当局は、新しい技術を積極的に取り入れ、ITを支えるインフラ整備も進んでおり、暗号通貨業界に多くの人を呼びよせている。

「ノアコイン」とは?
「ノアコイン」は、2018年にイギリスの大手取引所「HitBTC」へ上場。海外送金や企業決済、自社暗号通貨ウォレット用のプラットフォームによる、トークンの保管、移転、取引、今後、フィリピン国内で予定している数多くのノアプロジェクト(ミンダナオ島の複合用途リゾート、その他介護付き住宅施設、マニラ首都圏の住宅不動産や、ミンダナオ島農場主向けのオーガニック農業プログラムなど)への参加できるようにするなど、再始動を果たしている。
写真出典

今回の上場では、BTCやETH、ADA、WRP、XLMと取引できるようになり、ノアプラットフォームのユーザーに、最良の体験ができるよう、最高のサービスを提供するために、さらなる最適化を目指す、という。

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ