エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【PlayNext Lab Inc.】RAX Mt.Fujiが、富士河口湖町のゲストハウスをトークン化、日本初

RAX Mt. Fujiが、 Metaps PlusVSbiasのサポートを受け、ブロックチェーン技術を使って、不動産トークン化プロジェクトを発信した。日本初である。

SamuraiXと、Metaps Plusは、不動産物件のトークン化について、RAX Mt. Fujiへアドバイスをしてきた。

RAX Mt. Fujiは、「FUJIトークン」を発行し、物件のフリーキャッシュフローの権利をトークン保持者に与える。物件に関する書類や契約、経費、配当金、その他関連情報は、ブロックチェーンで確認でき、不動産マーケットにブロックチェーンテクノロジーを適用する時の重要な要素になる、透明性と信頼を提供する。

「FUJIトークン」の第一号物件は、富士山が見渡せる河口湖近辺にあるゲストハウスである。2017年から、VSbiasが運営している物件だ。過去の運営実績を基にした予想年間実質利回りは、10%~15%である。

VSbias代表取締役の留田紫雲氏は、こう語る。
「日本初の試みとなる、トークン化された不動産を管理することができるのが楽しみです」

また、SamuraiX共同創設者であるJason Riback氏は、つぎのように語る。
「ブロックチェーンテクノロジーは不動産市場にとって革新的技術になると考えており、この日本初の試みにアドバイスができ光栄です」

Metaps Plus代表取締役のSeungyeon Kim氏は、こう語る。
「安全性と透明性、そして複製防止技術を備えたブロックチェーンテクノロジーが不動産投資にもたらされれば、詐欺防止を可能にし、世界中の投資家を守ることができます。日本初の試みである不動産のトークン化に関わることは、われわれにとって非常に有意義なことです」

日本の法律を完全に順守するために、「FUJIトークン」は、限られた数のRAX Mt. Fujiの株主にのみ発行される。これは、トークン・オファリングではなく、ブロックチェーンテクノロジーの実用化と、不動産資金調達への応用を実証するための、株主とパートナーへの内部的な試験発行と位置づけている。

VSbias は、RAX Mt. Fujiの物件を管理し、トークン化用物件の管理と購入の支援を行う。VSbiasは、国内4000件近くの物件を登録している民泊管理プラットフォームを運営しており、プラットフォームデータを活用した宿泊施設施設の開業支援、運営を行なっている。メタップスは、VSbiasの上場親会社で、優良デジタルマーケティング会社、日本と韓国のブロックチェーンと暗号通貨分野の先駆者である。

Metaps Plusは、トークン発行や暗号通貨取引所の運営、B2BのTGE(トークンジェネレーションイベント)の経験がある、韓国で唯一のブロックチェーン会社である。

SamuraiXは、シリコンバレーにあるスタートアップ企業で、資産担保型のトークン化プラットフォームを開発中。このプラットフォームは、信頼性と透明性、不動産投資へのブロックチェーンテクノロジーと、暗号通貨使用の容易さを最大限に活用し、不動産投資へのより良いアクセスを可能にしている。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ