エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Blockspoint】東京都は、暗号通貨の所得税を厳しく取り締まり

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

毎日新聞が報道したところによると、東京都は、暗号通貨の所得を脱税する住民と闘う意思を明らかにした。

新しい政府のシステムでは、国税庁は、暗号通貨交換所のような仲介機関から取引情報を得ることができるようになっている。国税庁は、名前や住所、マイナンバーなどの投資家の個人情報を要求できる。

国税庁は、2019年の終わりまでに新しい税制の作成を目的としており、2020年の会計年度の前までには、新しい税制を導入したいと考えている。国税庁は、個人情報の秘密保持のため、暗号通貨の売り上げ収入が1000万円(約88,700ドル)を超える居住者のみのデータを要求するだろう。

現在の法規制のもとでは、暗号通貨交換所および組織(暗号通貨支払い分野の仲介業者)は、顧客に関する情報の提供を拒否する権利を有している。 新しい税法が導入されると、暗号通貨交換業者は、個人データの共有要求に対して訴える権利を有する。

最近の国税庁の調査では、300人以上の個人投資家が、2017年に暗号通貨の取引で少なくとも1億円を稼いだことを認めた。国税庁のスペシャリストたちは、2017年のこの結果を、暗号通貨の市場価格が2万円に到達するなど、急激な価格上昇のおかげだと結論づけた。

2018年10月、日本の税務政策委員会は市民の税務申告制度の簡素化について議論した。 その後、関係者は、暗号資産に関するより詳細な報告を作成したいと述べた。

と同時に、金融庁(FSA)は、不正行為を防止するためのICOキャンペーンの規制を目的としたより厳しい規則を導入する意向を表明した。

出典「Tokyo To Tighten Taxation Of Profits From Cryptocurrencies」

 

 

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ