エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coinrivet】税制調査会は、暗号通貨税申告の簡素化を目指す

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

税制調査会は、投資家が取引利益を正確に申告できるようにするために、暗号通貨取引で得た所得の申告制度を簡素化する方法を模索している。

参議院議員の藤巻健史氏は、4つの暗号通貨の所得税の改革を提案している。

これらの改革には、暗号通貨の投資から得られる利得に最大55%課税するのではなく、20%を課税する、暗号通貨取引の損失を翌年に繰り越すことができるようにすること、2つの暗号通貨間の売買を非課税にすること、そして最後は、暗号通貨の決済金額を非課税にすることなどが含まれている。

交換所間での非標準化
暗号通貨の取引で得た利益の計算は、時には困難で、混乱することがある。異なる暗号通貨交換所での暗号通貨の価格は、プラットフォームによって異なることがある。そのことが、納税者の正確な確定申告書の提出を難しいことにしているのかもしれない。

税制調査会の委員長で、東京大学大学院法学政治学研究科教授の中里実氏は、「課税制度や業務慣行以外の枠組みも考慮する必要があるため、外部から聞きながら議論を深めるため、小規模の専門家会議を開催する」と述べた。
中里実氏

ある者は、これらの提案された変更が、機関投資家がより公平で透明性の高い規制環境で取引する確実性が高まった結果として、市場にプラスの影響を与えると推測している。

出典「Japan’s Tax Commission is looking to simplify crypto tax reporting」

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ