エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社セトワークス】アメリカのRenvale Exchangeが、韓国ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)と戦略的提携調印式開催

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

アメリカの レベール・キャピタル(Revale Capital Inc.&Renvale Exchange LCC)と、韓国ディー・コイン・アセット(D-Coin Asset)は、ブロックチェーンと 仮想通貨の発展のための戦略的提携協定の契約を締結した。
.

この協定を結んだことで、アメリカのRenvale Capitalは、最近始めた仮想通貨の取引所であるRenvale Exchangeの韓国内の事業を拡大できるモデンタムをつくることになった。

公式合併調印式は、2018年12月3日、ソウルのインタコンティネンタルホテルで開かれた。Renvale CapitalとRenvale Exchangeでは、CFOウィル·コリンズ氏とCFOオリバー·ダグラス氏、CTOの ビシャル·アグラウォール氏が参加。ディー・コイン・アセットは、ディグローバルホールディングス共同代表兼ディー・コイン・アセットCFOのアン·スンヒョク氏代表など、主要な役員が出席した。

レベール・キャピタル(Revale Capital Inc.&Renvale Exchange LCC)は、2006年にアメリカで設立され、金融ソルーションと投資プラットホーム、仮想通貨プラットホームを保有、運営している。レベール・キャピタルは最近、新しくローンチングしたグローバル取引の「RenvaleX」は、すでに業界で注目されつつある。

Renvale Exchangeは、新たに開発されたマルチプラットホーム仮想通貨取引所に、初心者や専門家の両方に完全で円滑な使用者の経験を提供し、1秒当たり、数十万件の取引が可能だという。

現在、Renvale Exchangeは、ビットコインやビットコインキャッシュとイーサリアムなどの主要仮想通貨を上場している。時間が経るにつれて、あらゆる種類のデジタル資産の取引を支援する予定だ。

ディー・コイン・アセットは、韓国にDopcoinを上場したディグローバルホールディングスの系列法人として、2018年4月に、仮想通貨の流通や販売、仲介、売買を銘柄として事業者登録を終えた会社である。

ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)は、仮想通貨の分野で韓国の大手専門メーカーである。韓国で設立され、仮想通貨トークンを流通、販売、取引できる許可を受けた唯一の会社で、ものインターネット(IOT)、宝石、放送、小売、採掘事業を行うグローバル企業D-Global Holdingsの子会社である。

今回の提携で、Renvale Exchangeとディー・コイン・アセット(D Coin Asset)が一緒に、これらの需要を満たす単一のプラットホームを提供する。Renvale CEOウィル・コリンズ氏は調印式の後、「Renvale Exchangeとディー・コイン・アセット(D Coin Asset)の提携は、驚異的な相乗効果をもたらし、各企業がそれぞれの専門知識、リソース、知的財産を活用できるようにするものである」とし、「簡単に言えば、ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)の現地インフラは、Renvale Exchangeに新しい扉を開いて与えるもので、当社のプラットホームは、ディー・コイン・アセット(D Coin Asset)に、大衆市場での高速道路の役割をすることになるだろう」と述べた。

業界では、今回の提携協定の契約が、ディー・コイン・アセットと韓国事業に成功的に進入しようとするレベール・キャピタルのニーズが合致して行われたと分析している。

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ