エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社LayerX】ブロックチェーン・プラットフォーム「ICON」と公式パートナーシップを締結

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

LayerX)と、韓国を基盤としてグローバルにブロックチェーン・プラットフォームを展開する、スイスに本拠を構えるICON財団は、公式パートナーシップを締結した。パートナーシップを締結することによって、両社は、日本でのる開発者コミュニティの活性化と、ICONネットワークのセキュリティ向上に務める。

パートナーシップについて
LayerXは、スマートコントラクトの開発やコンサルティング、セキュリティ監査などブロックチェーン技術に関する事業を展開しているが、そのほかにも、blockchain.tokyoという開発者コミュニティを運営している。

このパートナーシップでは、ICONの独自スマートコントラクト「SCORE」を広げていくために、ハッカソンやデモデー、カンファレンスの開催を検討中である。また、ICONが支援するグローバルアクセラレータプログラム「ICXステーション」にLayerXも参画し、ICONプラットフォームとICON の分散型アプリケーション(DApp)のセキュリティ監査を提供する。

LayerXは、内外のブロックチェーン企業と連携を図り、ブロックチェーンの社会実装をサポートしていく。

今回のパートナーシップの締結について、LayerX 代表取締役社長の福島良典氏は、次のように語っている。
「ブロックチェーン業界において、豊富な実績を持つICONとLayerXが、パートナーシップを結ぶことができ大変嬉しく思います。ICONのコア技術「loopchain」は、すでに韓国の証券コンソーシアム向けの本人認証システムや、韓国の生命保険会社と自動保険金請求システムの開発などで採用された実績があり、日本においても活用が期待できます。LayerXは、技術的な側面からICONの日本国内の活動をサポートしていきます」

また、ICON財団Member of CounciのJH Kim氏は、こう語っている。
「高い技術力を持つLayerXと協業できることを大変嬉しく思います。本パートナーシップを通じ、ICONのパブリックブロックチェーンとエンタープライズ向けのプライベートブロックチェーン間の連結に基づいた、さまざまなICONのDAppが今後よりグローバルプロジェクトへ成長できることを期待しています」

LayerXとは?
情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営するGunosy と、 FinTech企業の AnyPayの合弁会社で、2018年8月1日に設立された。ブロックチェーン技術に特化し、スマートコントラクトの開発や、エンタープライズ向けブロックチェーン導入、コンサルティングなどのサービスを展開している。

ICONとは?
ICONは、いろいろなブロックチェーンコミュニティを繋ぐことを目指し、2017年に設立された。ブロックチェーン・プラットフォームとして、開発者ポータルやAWSクラウド上のTestNet構築など、DAppの開発環境を提供している。またICONは、loopchainを基盤に、新しいサービスやビジネスモデルを開発し、ブロックチェーン技術の実社会への応用を目指している。一例として、2018年5月、LINE Plus Corporationとのジョイントベンチャー「Unchain」を共同設立し、LINEのブロックチェーンMainNetとDAppの構築に相乗効果を生み出している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する