エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【GMOインターネットグループ】マイニングソフトウェア「Cryptknocker byGMO」がビットコインゴールドに対応

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

 GMOインターネットグループGMOクラウドの連結会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインは、世界最高速の仮想通貨マイニングソフトウェア「Cryptknocker(クリプトノッカー) byGMO」(以下「Cryptknocker」)のバージョンアップを実施し、ビットコインゴールド(BCG)のマイニングに対応できるようになった。

従来のZcash(ZEC)に加えて、ビットコインゴールドでも世界最高速のハッシュレートを実現する。

Zcashに加え、ビットコインゴールドのマイニングにも対応
「Cryptknocker」は、 GMOグローバルサインが認証局ビジネスで培ってきた、PKI(公開鍵暗号基盤)や、暗号化技術、暗号化する際のデータ処理高速化技術のノウハウを活かして開発した、 Equihash(エクイハッシュ)アルゴリズムを用いた、仮想通貨向けのマイニングソフトウェアである。

2018年9月に提供を始めてから、Equihash<200,9>アルゴリズムを用いたZcashのマイニングのみに対応していたが、バージョンアップをそたことで、Equihash<144,5>を用いたビットコインゴールドのマイニングにも対応できるようになった。

Equihashマイニングソフトウェアで世界最高速を実現
「Cryptknocker」は、 GMOグローバルサインが培ってきた暗号化技術ノウハウのひとつである、高速暗号化ロジックが組み込まれていることで、「Equihash<200,9> <144,5>」アルゴリズムに対応したマイニングソフトウェアで、世界最高速のハッシュレート(※3)を実現できている。

今回対応したビットコインゴールドの検証では、平均でハッシュレート40.74Sol/sを記録、既存の他社ソフトウェアと比較して最大約10%のマイニング効率向上を実現している。

ビットコインゴールドの平均ハッシュレート比較
Windows版

Cryptknocker は41.37 Sol/s ※マイニング効率は10.9%向上
他社ソフトウェアは37.29 Sol/s
Linux版
Cryptknocker は40.74 Sol/s ※マイニング効率は7.9%向上
他社ソフトウェアは37.75 Sol/s

日本語と英語によるサービス展開
マイニングソフトウェアの多くは英語表記のみだが、「Cryptknocker」は、日本語と英語のサービスサイトを用意している。また、初めてマイニングを行う方のために、FAQも2カ国語で用意し、日本国内は言うに及ばず、世界中のマイナーが安心して利用できる環境を提供している。

「Cryptknocker」利用方法
マイナーは、事前にウォレットを準備しておき、「Cryptknocker」のサイトからソフトウェアをパソコンにダウンロードし、起動後、poolを選択して、コマンドを実行するだけで、マイニングを始めることができる。マイニングに成功すると、その報酬のうち、計算量の98%がマイナーのウォレットへ、残りの2%が利用料(開発者報酬)として、「Cryptknocker」のウォレットへ自動で入る仕組みとなっている。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する