エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社マイクロブラッドサイエンス】わずかな血液が健康の未来を大きく変える「MBS Coin」が、仮想通貨取引所「BCEX Global」へ新規上場

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

独自の微量血液検査技術とブロックチェーン技術を組み合わせ、新たな医療プラットフォームの構築を目的に、血液検査のイノベーションを起こす医療ベンチャーのマイクロブラッドサイエンスの100%子会社であるMBS ASSET MANAGEMENT PTE. LTD.(シンガポール法人)が手がける「MBS Coin」は、香港に拠点を構える仮想通貨取引所「BCEX Global」へ12月26日(水)に新規上場する。
2017年1月、マイクロブラッドサイエンスは、微量血液検査システム「Lifee」で集積した血液検査データを安全に管理し、そのうえで、蓄えられた検査データをいろいろな医療・健康関連サービスでの幅広い活用を目的に、ブロックチェーン技術を用いた次世代ヘルスケアプラットフォームの開発を始めたことを発表した。

今後、次世代ヘルスケアプラットフォームがもたらす新たなヘルスケアエコシステムが、世界の人々に身近な微量血液検査サービスを提供するほか、利用者自らが管理する検査データの情報価値を大きく向上するように、開発を進めていく。
「Lifee」サービスとは?
次世代の健康維持サービスシステムとして開発した「Lifee」サービスは、PHR(パーソナルヘルスレコード)サービスの核となるビッグデータをクラウド上で展開し、検査依頼から結果通知までを完全にペーパーレス化し、検査の迅速化、効率化を実現するものである。また、利用者が検査結果履歴をモバイル端末で保存し、データを協力者と共有できるなど、新しい健康維持の仕組みを支援するものである。

新型採血デバイスとは?
これまでの血液検査は、腕静脈から注射器で5ml(ペットボトキャップ1杯分)以上の血液採取が必要だったが、独自の最新技術で開発した「特許取得済みの微量採血器具」を使用すれば、0.06ml(目薬1滴)の血液で医療検査レベルの精度が実現できる。

「BCEX Global」とは?
「BCEX Global(ビーシーイーエックスグローバル)」は、2017年9月にオープンした仮想通貨取引所。CoinMarketCapの月間取引量ランキングでは14位(2019年11月28日現在)にランクイン。流動性の高い取引所である。取り扱うコインのペアも豊富で、カナダの法令に準拠して運営されているので、取引所への登録には必ずパスポート登録が必須であり、身元確認も厳格である。

マイクロブラッドサイエンスは、指先から採血した微量検体を検査試料とした高精度な検査法を実現している。この精度検証の結果は、日本臨床検査医学会「臨床病理」2017年3月号に論文で載されている。

「新規採血用具によって採取した【指先からの微量血】と通常の静脈血を試料とする血液検査値の相関について」

マイクロブラッドサイエンスとは?
国立東京医科歯科大学との共同研究の成果として確立した微量検査技術を実用化し、微量血液検査専門の分析センターとしてMBS研究所(2016年10月に臨床検査所として認可)を設立。MBS研究所は、その専門化された高い検査技術とICT技術によって、信頼性の高い検査を実現し、検体管理、検査結果通知などにも新しいサービスを提供している。いつでも、どこでも簡単に採血が可能な微量採血デバイス(特許取得済み)、健康状態の数値をスマートフォンで簡単に確認できるシステム、ネットワークでのシステムデータ管理で、連携・運用を支援するラボ展開の仕組みなどを開発し、2018年からは、微量採血検査をベースとした次世代ヘルスケアシステム事業を本格的にスタートしている。

ICO 公式ページはこちらから。
Twitterはこちらから。
LINE@はこちらから。
YouTubeチャンネルはこちらから。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ