エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Ginco】仮想通貨ウォレットGincoが、Gtax・Cryptactでの確定申告に対応したエクスポート機能を実装。

仮想通貨ウォレットサービスを提供するGincoは、仮想通貨の確定申告のために用いる履歴データのエクスポート機能を追加した。Aerial Partnersとのパートナーシップに加え、新しくCryptactとも提携した。

確定申告に利用できるウォレット履歴をエクスポート
Gincoウォレットを通じた仮想通貨決済や取引の記録を、CSV形式でエクスポートできるようになった。国内ウォレットでは初となる、確定申告用データを提供することになる。

エクスポートのフォーマットは、「Cryptact」「Gtax」「標準」の3つから選択でき、すでに利用しているサービスに合わせるかたちで計算書を作成できる。それによって、トレードはもちろんのこと、Gincoウォレットでの取引や決済でも、年間の損益を一目で把握可能になった。

確定申告の煩雑さを解消し、仮想通貨サービスをより身近に
現行法では、ウォレットを通じた決済は利益確定なので、その都度の為替レートに応じた税務処理が必要である。だから、確定申告に際しては非常に煩雑な手作業となり、日常的な仮想通貨決済の普及は非現実的だと言われてきた。

さらに、ウォレットからdAppsにアクセスし、仮想通貨の取引やアプリ内アイテムの売買を行って利益を得るなども増えることが予想され流。そうしたケースでも、これまでは個人で記録し、計算しなければならなかった。

CSVエクスポート機能の実装は、そうした問題を一挙に解決し、「簡単な税務処理」と「気軽な仮想通貨サービス利用」が両立できるようにした。そうすることで、確定申告漏れの減少と、税務処理の困難さを解決でき、仮想通貨決済やブロックチェーンアプリケーションをストレスフリーで利用できるようになった。

国内の主要な確定申告サポートサービスと連携
仮想通貨取引記録のCSVエクスポート機能を実装する際に、新たにクリプタクトとのパートナーシップを締結。クリプタクトの確定申告ツール「tax@Cryptact」は、内外で19の取引所と2,800種類の通貨に対応しているのが特徴だ。

したがって、Aerial Partnersの提供する「Gtax」とクリプタクトの「tax@Cryptact」の両者から形式を選択できることになり、ストレスなく利用できる。

コンプライアンスに則った仮想通貨取引の普及に向けて
世界中を見渡すと現在、200万以上のショップや事業者がオンラインで仮想通貨での支払いを承諾しており、日本でもその需要は増加すると見込まれている。

仮想通貨の利用や取引がグローバルになればなるほど、日本国内の税制に準拠しつつ、利用者に負担を感じさせないサービスに接続することは、Gincoが目指すものである。

今後は、さらに多くの税務処理サービスと提携し、ウォレットを通じたいろいろなdAppsへの接続を進め、仮想通貨が便利に利用できるような社会実装を推進していく。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する