エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【イー・ガーディアン株式会社】仮想通貨交換業登録コンサルティングサービスの提供開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

イー・ガーディアンは、金融庁への仮想通貨交換業者登録の際に必要な審査をサポートする新サービス「仮想通貨交換業登録コンサルティングサービス」を、2019年1月8日(火)から始めた。

イー・ガーディアンは、投稿監視や風評調査、ゲームサポートのリーディングカンパニーであり、安心・安全なインターネット環境の実現のために、各種のサービスを提供中である。

仮想通貨市場は、 2017年は大いに盛り上がった者の、2018年は不祥事などもあり、市場の成熟にはまだほど遠い状況である。金融庁は取引所への立ち入り検査や業務改善命令など規制強化に拍車がかかり、仮想通貨交換業者にはセキュリティや顧客保護、経営体制の整備などが強く求められている。

そのような環境のなかで、これから仮想通貨交換業者としての登録するには、人材やシステム、資金面など、財務基盤の整備が求められており、登録審査のために膨大な資料などの申請業務に追われ、人手やノウハウ不足が課題となっている。

そこでイー・ガーディアンは、 仮想通貨交換業者向けKYC(本人認証)業務を通して培ってきたノウハウをもとに、仮想通貨交換業の業務立ち上げ段階の設計や体制構築、サービスリリース後の運用までを包括的に支援する「仮想通貨交換業登録コンサルティングサービス」を提供することにした。

このサービスは、仮想通貨交換業を営む、あるいは営もうとしている企業を対象としており、KYC業務、コールセンター業務(電話、メール、チャット)、疑わしい取引の検知、不適正取引の検知、入出金処理業務などの人材提供や、セキュリティ規約、脆弱性診断、デバッグなどのシステムをメインに、金融庁への登録審査に関しての必要業務のコンサルティングとなる。

申請前の業務立ち上げ段階の設計以外に、申請した質問表に基づき、KYC業務、コールセンター業務、事務業務の体制構築及び脆弱性診断やデバッグなど、サービスリリース後の運用が可能なことから、このサービスの提供を通して、仮想通貨市場の健全性や信頼性の向上に貢献するという。

イー・ガーディアングループとは?
1998年設立し、2016年に東証一部上場した。投稿監視をはじめ、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーであり、800社以上に導入実績がある、総合ネットセキュリティ企業である。事業領域は拡大の一途をたどり、ゲームサポートやアド・プロセス、そしてグループ会社化したEGセキュアソリューションズとの連携によって、サイバーセキュリティ分野にまで幅広く提案できるようになった。グループは、国内6、都市海外8都市20拠点の規模にある。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する