エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社HashHub】「Lightning Network」対応のサーバーをAzure上でデプロイを可能にした「Lightning on Azure」を公開

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

HashHubは、ビットコインの最新セカンドレイヤー技術である「Lightning Network」対応のサーバーをAzure上でデプロイ可能にした、「Lightning on Azure」をAzureマーケットプレイス上で公開した。

Lightning Network」を利用したビットコイン決済のトレンド
昨今、国内外では、ビットコインなどの仮想通貨や、ブロックチェーン技術の活用に関して関心が高まってはいるが、実務の面では、たとえば、送金手数料の高騰やスケーラビリティの問題を解決した、シームレスな支払いシステムの実現にはほど遠い段階である。

そうした状況のなかで注目を浴びている技術が、ビットコインのセカンドレイヤー上のプロトコルである「Lightning Network」であり、Lightning Networkを利用した、ビットコインによるグローバルで、安価で即時性の高い決済の拡大へ期待が高まっている。

オープンソースペイメントプロセッサ BTCPayServer」を活用した決済環境
「Lightning on Azure」は、Nicolas Dorier氏がオープンソース開発している「BTCPayServer」がベースである。Nicolasは、Bitcoin Coreディベロッパーであり、Digital Garageが運営するDG Labにも所属している。

「BTCPayServer」の特徴は、オープンソースなので、誰でも簡単にビットコインやその他の仮想通貨の決済環境が構築できる点である。個人や小規模店舗での利用以外に、すでにエンタープライズでの利用も開始されている。

「BTCPayserver」は今後、決済手段として利用が拡大するはずであり、「Lightning Network」の支払いにも一早く対応していた。

HashHubでは、「Lightning Network」を利用した開発、決済の拡大を目指し、「BTCPayServer」に一部改良を加え、Azure Marketplace上で「Lightning Network」の決済と開発ソリューションとして提供している。

決済を超えたユースケース
「Lightning Network」は、店舗やE-commerceの決済はもとより、Lapps(Lightning Applications)と呼ばれるビットコインのマイクロペイメントを組み込んだアプリケーションの開発が進んできている。具体的に言えば、1セント以下の双方向マイクロペイメントを利用した新しい形のアプリケーション、APIへのマイクロ課金、セカンドレイヤー上の仮想通貨間の高速分散取引などである。

Azure Marketplace上では、すでに数十のブロックチェーン関連のサービスを公開しているが、「Lightning on Azure」がリリースされたことで、Microsoftのクラウド基盤を活用したビットコインのセカンドレイヤー上のアプリケーション開発が進んでいくことが期待できる。

日本マイクロソフトクラウド&エンタープライズビジネス本部業務執行役員本部長である浅野智様氏は、次のように述べている。
「日本マイクロソフトは、HashHubのブロックチェーン事業における、『Lightning on Azure』 の提供開始を心より歓迎いたします。今回のサービス提供において、Microsoft Azure が提供するAzure Market Place上から簡易的かつ迅速にLightning Networkの構築を実現することができました。これにより、Microsoftのクラウド基盤を活用したビットコインのセカンドレイヤー上のアプリケーション開発が今後さらに進んで行くことが期待できます」

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する