エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Goldlinks】ゴールドリンクス(Goldlinks.one)が、世界初の仮想通貨ETFを香港で推進

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

韓国最大のブロックチェーンメディア「CoinNess」の報道では、シンガポールに本拠を構えるゴールドリンクス(Goldlinks.one)が、資産管理ライセンスを持っている香港証券市場上場会社と共同で、仮想通貨(暗号資産)に対する投資ファンドを結成し、仮想通貨ETFの発行を香港証券先物委員会(SFC)に申請した、というのである。

仮に、現在は規制されている仮想通貨ETF発行されるとなると、仮想通貨市場の画期的な出来事として注目を浴びることだろう。仮想通貨ETFの発行は、仮想通貨投資と伝統的な金融投資との橋渡しとしての役割を担うことになり、多くの投資家の資金を集める結果になる。そのため、仮想通貨ETFのニュースが報道されるといつも、仮想通貨市場に対する注目は高まってきた。

現状では、技術的にも専門的にもハードルが非常に高いこともあって、仮想通貨を直接購入して投資する人は多くない。ところが、仮想通貨のETFが誕生すれば、間接的に投資できるようになり、仮想通貨投資は今よりもやりやすくなるに違いない。

ETFのメリットは、一般的な証券投資なので、ビットコインを間接的に投資でき、セキュリティや資産のハッキングリスクを心配する必要がないことだ。そのため、ファンドや保険などの金融機関と一般の投資家の両方が購入しやすく、市場規模を拡大できる要因ともなる。

2018年11月1日、香港証券先物委員会は、仮想通貨に対して新たな基準を発表した。この発表は、監査機関による仮想通貨の規制政策が充実し、仮想通貨業界が合法的に運営されるよう促進する内容であった。

こうした香港での監査機関が仮想通貨に対して好意的なことから、ゴールドリンクスは、資産管理ライセンスを持った香港の上場会社と協力して、ETFの申請を行ったといえる。過去2年間で、仮想通貨ETFは、米国証券取引委員会(SEC)に10回以上申請しているが、すべて却下されている。仮想通貨ETFがアメリカで承認されないので、仮想通貨市場の注目は今や「香港」へと向かうことになった。

香港の証券先物委員会で、ゴールドリンクスが行ったETF申請が承認されることになれば、ゴールドリンクスが発行する仮想通貨「GGC」と「GGT」は、ETFとして承認された世界初の仮想通貨ということになる。

「ゴールドリンクス社」とは?
複数の企業が連盟してアジアで設立したブロックチェーン企業であり、金の価格に連動するステーブルコイン「GGC(グローバルゴールドキャッシュ)」や、「GGC」の流通量の増加によって価格が上昇する「GGT(グローバルゴールドトークン)」を発行している。

添付動画「Goldlinksとは?」はこちらから。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する