エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【CryptoNewsReview】レポートによると、上位25の仮想通貨交換所の取引量の87%が偽造されている可能性がある

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

Blockchain Transparency Instituteが発行した報告書は、世界の上位25の仮想通貨交換業者の取引量の87%が間違っている可能性があると指摘している。

「仮装売買」(売買の意志が無いにもかかわらず、第三者を欺罔する目的で売買を行うこと)が仮想通貨交換業者の取引量を粉飾している。「仮想売買」の場合、取引所はその人気や販売力を過大に宣伝し、流通量をかさ増しすることによって取引所の需要を高く見せることになり、取引所の人気が高まれば、その分取引をする人も増えて手数料でガッポリ儲けることができる。仮想通貨交換所にICOが記載されることは魅力的なので、仮想通貨交換所はICOに対して、交換所に記載するための料金をより多く請求することができるのだ。

報告書によると、CoinMarketCapに掲載されている25の取引所のうち、2つだけが何らかの種類の「仮想売買」に関与していないという。 残り仮想通貨交換所は、取引量を70%も増やす可能性が高いと主張している。これらの仮想通貨交換所は、1日平均25億米ドルの取引が行われていると主張しているが、実際の数値は、報告書によると、1日平均約3億2400万米ドル程度である。

出典「Report suggests 87% of the trading volumes at top 25 cryptocurrency exchanges could be fake」
著:Manoj Sharma(2018年12月17日)

 

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する