エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Wibson Limited】JamppがWibsonの消費者データ市場に参入し、「WIBトークン」がCoinsuperへ上場

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

Wibsonは、ブロックチェーンベースの分散型データマーケットプレイスである。信頼できる環境で検証された個人情報を、安全で匿名にて販売する方法を個人に提供している。

Wibsonは個人データの取引ができるマーケット
Wibsonは、ブロックチェーンベースの分散型データマーケットプレイスで、個人にインフラストラクチャや報奨金を提供し、個人のプライバシーを犠牲にしないで、正確性が検証された個人情報を安全に販売している。

Wibsonプラットフォームの仕組み
ユーザーは、Wibsonからリリースしているアプリ(Android対応)を通じて、ホワイトリストに登録する。iOS版アプリは現在開発中である。
アプリの取得はこちらから

ユーザーはアプリ上で、所有しているデータを売買するのか、どのデータを選択するのか、どのように売買するのか、どのようにに保持し、いくらで保持するのかを決定できる。

Wibsonで売買されるデータの利用用途とは?
データは学校や銀行、金融機関、健康・医療サービスなどいろいろな種類がある。AIにでデータの用途を見つけ出すために、利用用途は際限なく提案されることになる。

Wibsonトークンとは?
Wibsonが発行する「WIBトークン」は、取引の手段であり、仮想通貨取引所などで購入できる。また、Wibson Alpha アプリを使う代わりに、ポイントが獲得できる。獲得したポイントは、ユーザーの居住国に応じて、Visaギフトコード、Spotify定期購読、Uberクレジットなどのデジタル報酬と交換できる。
テレフォニカ(Telefonica)
ワイラ(Wayra)

Wibsonとは?
創立は2017年10月で、それ以来、Wibsonは分散型、ブロックチェーン基盤の個人データ市場を創造してきた。個人のプライバシーを侵害されることなく、精密な個人情報を提供する基盤組織である。Wibsonは、個人と企業が信頼を置けるデータエコシステムの構築を目的としているGrandata傘下のプロジェクトでもある。
プロジェクト名:Wibson(ウィブソン)
※Wibsonは現在、トークンのICOを計画していない。
公式サイト
ツイッター
テレグラム
Facebook 

Jamppとは?
モバイルアプリはJamppが運営している。Jamppは、フェイスブック以外の広告を通じてモバイルアプリ専門のマーケターが顧客を獲得することを支援している。市場プラットフォームは数百件の通信情報の入札における意思決定を瞬時に行うため、自動的にデータを効率的に分析する。この技術は、顧客ごとにカスタム化された広告やユーザーセグメントを流動的に作成することで、アプリ内の活動を最大限に有効化する。そして、Jamppは、サンフランシスコを始め、ロンドン、ベルリン、ブエノスアイレス、サンパウロ、ケープタウンに拠点を置き、世界から信頼されるリーディングEコマースアプリとして確立している。

Coinsuperとは?
Coinsuperは、香港を拠点としたデジタル資産取引プラットフォームである。金融仲介やコンプライアンス、資産管理、暗号通貨や財テクを得意とする企業だ。Coinsuperは、SSL暗号技術やマルチシグネチャ暗号通貨ウォレット、オフライン資本管理などの方法をどうにゅうすることで、プラットフォーム上の安全と安心を確保している。顧客のログインや、BTCの資金の取引には、グーグル認証システムを採用しており、それによって、顧客の資産やアカウント情報が保護している。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する