エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【カウンティアバンク株式会社】仮想通貨レンディング・サービス「CoinOn」を正式にリリース

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

FinTech事業を展開するカウンティアと、FinTech領域で事業開発を強化するVOYAGE GROUPの合弁企業であるカウンティアバンクは、日本初の仮想通貨のレンディングに特化した新サービス「CoinOn(コインオン)」を、2019年1月15日(水)に正式にリリースした。

仮想通貨市場は2017年以降、急成長しているが、仮想通貨取引所で頻繁に売買を行うユーザーもいる一方で、仮想通貨を購入しても仮想通貨取引所の口座やウォレットに保有したままのユーザーもかなり存在している。

国内の一部の仮想通貨取引所では、既存のユーザー向けに仮想通貨レンディングサービスを付帯サービスとして実効しているところもあるが、貸出期間は2週間から1年の固定期間であったり、貸借料の年間期待リターンは低め設定しているケースが多々見られ、ユーザーつぃては使い勝手が良いとはいえない。

そこで、「仮想通貨をかしこく増やす」をコンセプトに誕生したのが、日本で初ともいえる仮想通貨レンディングサービスに特化した「CoinOn」だ。

ユーザーは、保有しているビットコインを「CoinOn」に貸し出し、賃借料として所定の料率を加算したビットコインを毎日受け取ることができるようになる。なお、賃借料は毎日変動するが、年間期待リターンは5~10%(税込)の見込みだ。貸出期間は業界最短の1日単位なので、出金申請はいつでもできる。このサービスによって、いつでも簡単に手持ちのビットコインを貸し出して賃借料を受け取り、必要があれば、いつでも返還を受けることができる。

2019年3月末までは、日利0.027%(年間期待リターン10%)でリターンを付与する。現時点では、「CoinOn」への最小貸付額は「1BTC以上」を予定している。2019年4月以降のリターンは規定の通りに変動する可能性がある。

「CoinOn」を利用するためには
ユーザーとカウンティアバンクが仮想通貨消費貸借契約を締結し、仮想通貨交換所のアカウントやウォレットで保有している仮想通貨を「CoinOn」に貸し出すしすれば、貸し出した仮想通貨に対して、所定の料率を加算した仮想通貨を一日単位で受け取ることができる。

貸出期間は1日単位で、契約は自動継続であり、毎日賃借料が貸出残高へ加算され、その合算額が自動的に翌日に貸し出される。ユーザーからの引き出しの申請があったら、5営業日以内にユーザーの指定するビットコインアドレスに送金。貸出期間が1日単位なので、解約手数料の設定はない。

(一例として)
ユーザーが2018年9月1日に1ビットコインをカウンティアバンクへ貸付け送付し、翌日にカウンティアバンクが承認し、その30日後に引き出し申請したら、「1.00813179BTC」を受け取れる。賃借料の料率は毎日変動するが、日利0.027%(複利での年利換算で約10%)が継続した場合を想定している。
計算式:(1+0.00027)の30乗 = 1.00813179
※小数点第9位は1satoshi未満のため切り捨てである。

「CoinOn」の特長
1.賃借料は毎日変動し、毎日付与。複利で増え年間期待リターンは5~10%(税込)。

2.貸出期間は1日単位。出金申請はいつでもできる。

「CoinOn」は、サービス開始時はビットコインのみが対象だが、その他の仮想通貨の貸し出しは、将来的には対応をしいていく予定だ。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する