エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社インプレスホールディングス】2018年度の朝日賞受賞者である岡本龍明氏が『現代暗号の誕生と発展―ポスト量子暗号・仮想通貨・新しい暗号―』を刊行

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

インプレスグループで、理工学分野の専門書出版事業を手掛ける近代科学社は、2019年2月1日(金)に、『現代暗号の誕生と発展―ポスト量子暗号・仮想通貨・新しい暗号―』(著者:岡本龍明)を発行した。

書誌情報
書名:現代暗号の誕生と発展 ―ポスト量子暗号・仮想通貨・新しい暗号―
著者:岡本龍明
仕様:A5判・並製・モノクロ・本文260頁
本体価格:3200円(税込3456円)
ISBN978-4-7649-0579-1 C3004

内容紹介
「先駆的な暗号の設計と安全性理論の開拓」で、2018年度朝日賞を受賞した著者が、1970年代半ばに誕生してから現在に至るまで大きく発展し続けている現代暗号の世界を、(前提知識を必要としないで)できるだけ平易に解説することをめざして執筆。本文では、極力数式等を用いずに解説を行う一方で、技術的詳細に興味のある方に向け、いくつかの重要な技術について、付録でより詳細に説明している。

著者紹介
著者:岡本龍明
1976年東京大学工学部計数工学科卒業
1978年東京大学工学系研究科計数工学専門課程修士修了
同年 日本電信電話公社入社
1989年-1990年Waterloo 大学客員助教授
1994年-1995年AT&T Bell Laboratories 客員研究員
現在日本電信電話株式会社フェロー、工学博士

主要著書
『暗号・ゼロ知識証明・数論』(共著、共立出版、1995)
『現代暗号』(共著、産業図書、1997)
『公開鍵暗号の数理』(共著、共立出版、2011)
『量子計算』(共著、近代科学社、2015)

目次
第1章:現代暗号の誕生:公開鍵暗号の発見と暗号標準化
第2章:現在のネットワークで使われている暗号
第3章:現代暗号の理論
第4章:ビットコインの誕生:電子マネー革命
第5章:ポスト量子暗号
第6章:新しい暗号:進化発展する公開鍵暗号

付録A:準備
付録B:インターネットと仮想通貨で使われている代表的な暗号方式
付録C:仮想通貨で利用されるゼロ知識証明
付録D:格子暗号の実現例
付録E:完全準同型暗号の実現例
付録F:関数型暗号の実現例

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ