エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【news.bitcoin】イニシャル・コイン・オファリング(ICO)投資が10カ月で95%減少

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

トークン販売の関心が劇的に薄れ、この10カ月で95%も減少した。しかし、新たな研究によると、ICO市場は2年前よりもかなり拡大をしているという。2019年1月、スタートアップは3億ドルを割る資金調達だった

ICOを実施しているスタートアップへの投資は、2018年の3月の58億米ドルから、2019年1月には2億9100万米ドルに減少した。Coinshedule が最近発泡した調査で明らかになった。ところが、トークン販売を通した資金調達は明らかに減少したにもかかわらず、2019年の最初の月、ICOは、2017年1月よりも70%以上も多い資金を調達した。

2018年は、かなりの数のトークンプロジェクトが出現したが、仮想通貨の価格は下落したにもかかわらず、2019年はICOにとってかなりゆっくりしたスタートだった。1月の第1週に発売されたのは50台に満たず、進行中の424種類のコインによって調達されたのはわずか600万米ドルだった。news.Bitcoin.comが報じたように、これは2017年以降にICOによって資金調達された週ごとの、最小合計である。

最近の別の報告によると、2018年の第4四半期には、それ以前の3か月と比較すると、調達した資金は25%少なかった。Icobenchによると、2018年第4四半期に600件近くのICOが完了したが、第4四半期に調達された資金の総額は、約4億米ドル減少して14億米ドルであった。

EosとTelegramaがトップ10のICOをリード
Coinscheduleのデータによると、2018年の3月と6月にICOで集められた資金は最も多く、それぞれ40億米ドルと50億米ドルであった。調達された資金によってトップ10のトークン売上高をリストアップすると、41億ドルを超えるEosがトップで、それに続くのは、TelegramのICOの第1および第2のプリセール(17億米ドル)と、民間のプリセール(ベネズエラ国営デジタルコイン)で、カラカスの政府によると7億3500万ドルの資金調達であった。

この調査の関係者は、資金調達額にICOも分類している。資金の24.1%は、インフラストラクチャープロジェクトのスタートアップが調達している。続いて金融関連が16.2%で2番目に大きく、3番めが10.1%がコミュニケーション関連である。資金調達額7.7パーセントは、新興企業のトレーディングと投資関連で、支払いサービスを提供する企業は4.7パーセントで、5番目のグループに分類されている。

出典「ICO Investments Fall 95% in 10 Months」
著者:Lubomir Tassev
技術に詳しいブルガリア出身のジャーナリスト。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する