エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

第18回「真相解説 仮想通貨NEWS」は『仮想通貨は通貨なの?』を放送(2月28日25時30分~)

いつも過激な話題を提供してくれる第18回「真相解説! 仮想通貨NEWS」は、「仮想通貨は通貨なの?」をテーマに、2019年2月28日(木)25時30分から放送する。

仮想通貨は暗号資産とも呼ばれるようになったが、今後はどのように利用されるのか? ビットコイン、イーサリアム、リップルなど著名な通貨が複数ある中、通貨として生き残るのは1つだけ、他は無価値になる可能性も。宿輪純一氏(帝京大学経済学部教授・博士)をはじめ、宍戸健氏(プロジェクト投資家 )、河崎純真氏(Commons Inc./ Gftd Japan)、Tamara氏( メディアライター)が、それぞれの立場で意見を述べる。

仮想通貨は最近では暗号資産とも呼ばれることが多いが、実際に、モノ・サービスを購入できれば、値上がりを期待する投機的な側面もある。いったい通貨なのか、資産なのか、断言しにくい状況だ。

いろいろな用途が考えられるだけに、今後、どのような利用方法が主流となるのか。具体的に検討する必要がある。通貨として流通した場合、ビットコイン、イーサリアム、リップルなど数千を超す種類の通貨のなかで、生き残るコインは一つしかないと話題になってもいる。

「仮想通貨は通貨なのか?」を帝京大学経済学部の宿輪教授に伺うと、通貨とは法的適用性のある貨幣のことであり、国には1つしかないのだから、仮想通貨は通貨とは言えないとのこと。

しかしこの意見に対して、ロシアンOLちゃんのペンネームのメディアライターであるtamara氏が、仮想通貨はまったく新しいものだからこそ、既存の概念には当てはまらないと反論する。

議論を進めるために、今後予測される利用例を上げていくと、技術者の河崎氏は高額決済の方法として利用される可能性があると提示する。それはいったいなぜなのか?

議論が進むなか、どの仮想通貨が生き残るのか疑問をぶつけてみると、投資家の宍戸氏が仮想通貨は最終的に一つしか生き残らないと断言をする。

もし一つしか仮想通貨が生き残らないのであれば、ビットコイン、リップル、イーサリアムと保有者も多く、著名な通貨の価値がゼロになる可能性があるということだが、どのように今後はなってしまうのか?

最新動向をつかむためにも、第18回の「真相解説! 仮想通貨ニュース!」2月28日(木)25時30分から放映は、見逃せない!

番組概要
タイトル:真相解説!仮想通貨ニュース!
出演者:宿輪純一(帝京大学経済学部教授・博士)、宍戸健(ビットコインプロジェクト投資家 / アドバイザー)、河崎純真(Commons Inc. 共同代表 / Gftd Japan株式会社 代表取締役)、 Tamara<ロシアンOLちゃん> (メディアライター:BTCN、 CoinChoiceTechWave、 CCJなど)、 MC 堀潤 榎本麗美
放送日:毎週木曜日25:30~。放送後、番組YouTubeチャンネルで配信予定
公式LINE@
ID:@k.news

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する