エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【sunny株式会社】世界共通ポイントを目指す「sunny coin」が3月初旬に上場予定

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

sunny が提供する「sunny coin」は、2019年3月初旬に上場する予定である。世界中の店でもらえて、世界中の店で利用できる世界共通ポイントとして「sunny coin」を流通させ、人々の生活を豊かにしたいと考えている、発行元はいう。

「sunny coin」の最新情報は、以下の公式サイトから。
公式Twitter[@sunny_coin] 
公式facebook[@sunnycoin]
公式Telegram[sunnycoin]

「sunny coin」って何?
「sunny coin」は、世界中で貰える・使える世界共通ポイントとなる暗号資産である。海外旅行者数は年間で13億人を超え、2030年までには年間18億人に拡大する見込みである。しかし、国をまたいたポイントプログラムは少なく、しかも、円滑に機能していないのが実情である。何が生涯になっているかといえば、国ごとのポイントの価値の違いである。

したがって、世界各国で価値の変わらない暗号資産をポイントに置き換えることができれば、国をまたいだポイントプログラムの問題を解決するはずである。sunnyは、ポイントとセットで集客ツールを提供し、稼働率を向上させる方法を生み出すことに成功した。

「sunny good shops」とは?
そのツールが「sunny good shops」である。すでに、2018年4月にα版リリース済みである。このツールは、クライアントやユーザーが無料で利用できる、暗号資産でリワードを与えるブロックチェーンの「O2Oロイヤリティプラットフォーム&エコシステム」である。オフラインはいうまでもなく、オンラインでも利用できて、オムニチャネルにも対応している。すでに、ブロックチェーン対応版リリース時に、10万店舗(無料掲載含む)の掲載が決定している。

「sunny good shops」は3つの特徴を備えている。
1.クーポンを利用するだけで100円分の「sunny coin」(現在はポイント)を付与。
2.利用ごとに、最初にユーザーを獲得した店舗に50円分のsunny coin(現在はポイント)が付与される。
3.ビーコンにより、利用可能店舗に近づくとプッシュ通知でスマートフォンに通知が届く。

「sunny coin」のフロー画像はこちらから。

「sunny market」とは?
market経由でインターネットで買い物やサービスを受けると、「sunny coin」を入手できる。楽天市場やAmazon、Yahoo!、ヤフオク!、ヤマダ電機など5000社以上と提携している。アプリのインストールで、10円~100円分の「sunny coin」が、リンクを踏んで楽天市場やAmazonのサイトで商品を購入すると、楽天ポイントなどとは別に、購入額の1%分の「sunny coin」が、クレジットカード申込みで3000円~1万円分の「sunny coin」が付与される。その他、アンケートに答えたり、huluなどのサービスを申込んだり、旅行や飲食店の予約をしたり、レンタカーを借りたり、サンプルをもらったり、ゲームをしたりすると、「sunny coin」を受け取ることができる。

また、世界中のVISA提携店舗(約4000万店)で決済すれば、決済額の1%の「sunny coin」がリワードされる。将来的にはデビットカードも発行し、世界中のVISA提携店舗で「sunny coin」の決済を可能にする予定だ。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する