エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社エイトプロダクト】第19回「真相解説!仮想通貨NEWS!」は『仮想通貨、日本は世界に比べて遅れている?』を放送(3月7日25時30分~)

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

第19回となる「真相解説!仮想通貨NEWS!」は、3月7日(木)25時30分から、「仮想通貨、日本は世界に比べて遅れている?」を放送する。

世界初の仮想通貨法を定めた日本だが、、アメリカや中国、ロシアなどで時価総額が高いプロジェクトが先行するなか、日本に勝機はあるのか!? 仮想通貨をリードする国はどこになるのか検証する。

出演は、宿輪純一氏(帝京大学経済学部教授・博士)、宍戸健氏(プロジェクト投資家 )、河崎純真氏(Commons Inc./Gftd Japan)、Tamara氏(メディアライター)の面々。

2017 年4 月の改正資金決済法(資金決済に関する法律)で、「第三章の二 仮想通貨」という箇所が付加され、世界初の仮想通貨の法律を策定したと、日本が注目を集めたが、ユースケースをみると、海外が目立つのは否めない。このまま日本は海外に追い抜かれてしまうのか?? 大学教授をはじめ、プロジェクト投資家、技術者、メディアライターと各々の視点から検証する。

「日本は海外と比べて遅れているのか?」
早速、有識者たちに伺ってみるとメディアライターのロシアンOLちゃんことTamara氏が”日本は遅れている”と発言。

最も問題なのは「国がイニシアチブを取れていないこと」と重要性を語る。
しかしこれに対して、他の側面から見れば日本もまだまだ優位性があると語る河崎氏。
「日本ほど仮想通貨の認知が進み、経済的にも規模が大きい国はない」と発言。
「国内ではユースケースや、海外のように飛び抜けた企業がないことが指摘されるが、仮想通貨の仕組みや、思想を深く理解する傾向が日本にはある。だからこそ、個人対決ではなく団体戦であれば日本は金メダルを目指せる」と宍戸氏が語る。

また、規制が多い中、あることが通れば実証実験が進むことを明らかにする。帝京大学経済学部の宿輪教授も、この方法が実現すれば、チャンスは大いにあると同意する。日本は仮想通貨をリードしうる存在になるのか??

最新動向を見逃さないためにも、第19回の「真相解説! 仮想通貨ニュース!」は、3月7日(木)25時30分からの深夜放映なのでお見逃しなく。

番組の公式Youtubeチャンネルができた。
BS11が視聴できない方にも閲覧できるように、期間限定で過去の放送も含めすべて公開している。

番組概要
タイトル:真相解説!仮想通貨ニュース!
出演者:宿輪純一(帝京大学経済学部教授・博士)、宍戸健(ビットコインプロジェクト投資家 / アドバイザー)、河崎純真(Commons Inc. 共同代表 / Gftd Japan株式会社 代表取締役)、Tamara<ロシアンOLちゃん> メディアライター(BTCN、CoinChoiceTechWave、CCJなど)、 MC 堀潤 榎本麗美
放送日:毎週木曜日25:30〜。放送後、番組YouTubeチャンネルで配信予定

公式LINE@
ID:@k.news

見逃した放送もLINE@から配信。
また、非公開映像もあるので、気になる方は登録を。
携帯の方は下記QRコードより『真相解説!仮想通貨NEWS!【公式】」のLINE@に登録を。

 

 

 

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する