エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【news.bitcoin.com】Bitcoinは、どのようにしてベネズエラのある家族を救ったのか

ベネズエラの状況は激化しているが、ある地域のビットコインユーザーは、進行する国の危機を暗号通貨を使って生き抜いているかを詳細に述べている。彼のすべての財産をビットコインで保有しながら、必要なときにだけ少額をベネズエラの通貨(ハイパーインフレが進んでいるが)であるbolivarに両替している。

Bolivarではなく、Bitcoin
ベネズエラのCiudad Guayana に住んでいるCarlos Hernándezさんは、進行する国の危機から彼の家族をいかにしてBitcoinが救っているかを、ニューヨークタイムズに話した。 Bolivarの1日あたりのインフレ率が約3%であることを引き合いに出し、彼はこう述べている。:

「私はベネズエラの法定通貨であるbolívarを所有していない。すべての財産はBitcoinで所有している。自分の財産はBolívarで所有するのは、自殺行為と同じだ」

彼は、海外に銀行口座を持っていないし、ベネズエラの通貨管理のもとでは、米っドルのような従来の外貨を使うのはたやすくないと、説明した。。

Hernándezさんは、暗号通貨が彼自身の家計の支出を賄っていると明らかにした。彼の父親や政府の職員だが、月給は6米ドルで、母親は専業主婦なので収入がない。

彼の兄弟もまた暗号通貨に頼っている。28歳のJuanさんはフリーランサーになった。なぜなら、「ハイパーインフレの時代には、弁護士のクライアントも含めて、誰もが常に貧しくなっているからです」とHernándezは述べる。

彼の兄弟はお金を支払ってもらうためには暗号通貨に頼らざるを得なかった。なぜなら、ウェブサイトの支払いとして一般的な方法であるPayPalが使えないからである。それは、ベネゼラの銀行が自国の通貨のみを使用できるようにしているからである。

もっと言えば、Juanがコロンビアに移動を試みたとき、国境で所持金を押収されるのは暗号通貨が防いでくれたことがあった。国境警備隊の隊員は、ベネズエラを離れる人からお金を押収すると評判だったからである。Hernándezさんはそう言って、全体として次のように結論でけた。

「暗号通貨は私たちの家族を救ってくれた、これは断言できる」

暗号通貨をBolivarに両替
ミルクのような毎日の必需品を購入するために、暗号通貨を法定通貨であるBolivarに両替しなければならない、とHernándezさんは説明する。かれはLocalbitcoinsを使って、彼と同じ銀行を利用している買い手を探す。そうすると、ただちに電信送金が完了すると、彼はいった。

「ただ、私は一度に多くのBitcoinを両替できない。政府は暗号通貨の取引をまだ監視はしていないが、Bolivarでの取引は監視されている。だから、50米ドル以上あるいはもっとそれ以上の価値があるとみなされると、その資金がどこから来たのか説明できるまで、自動的に口座は凍結されてしまう」

Localbitcoinsは、ベネズエラ人にとって非常に人気が高いプラットフォームである。取引量も確実に多くなっている。

別の国際的な取引所プラットフォームであるPaxfulは、news.Bitcoin.comに語った。それは、ベネズエラでも記録的な取引量を記録したというのである、2018年と比較すると、74.66パーセントも増加した。さらに、プラットフォーム上の取引数は118%増加し、月平均6万1534件の取引となった。

最近、Nicolas Maduroの政府は、ベネズエラでの送金への課税を含む暗号通貨の取引等を規制するための法令を発表した。

Bitcoinを使って慈善活動
Hernándezさんのように、ベネズエラの慈善団体もビットコインがボーダレスであることから、利益を得ることができた。そのような慈善団体の一つが、基礎経済学を教えながら、ベネズエラ人を支援するための資金を調達するためにビットコインを使っている「Bitcoin Venezuela」(ビットコインベネズエラ)である。

2018年のベネズエラの国際こどもの日には、非営利団体の人道援助プロジェクトが、Paxfulとその他からのビットコインの寄付を集めた。そのおかげで、毎日1500人を養っている無料食堂と2つの孤児院に食料を提供し、路上で食事を振る舞うことができた。

2019年2月、Bitcoin Cashに支えられているベネズエラの非営利の食料活動団体であるEatbchは、1周年を迎えた。Eatbchの共同創設者は、事業を開始してから数カ月以内に、ベネズエラの6つの州の23の場所で毎週、何千もの食事を提供していた、と述べた。

出典「Venezuelan Explains How Bitcoin Saves His Family」
著:Kevin Helms
オーストリア経済学の学生。ケビンは2011年にビットコインに出合い、それ以来ずっとビットコインの伝道者となっている。彼の興味は、ビットコインセキュリティ、オープンソースシステム、ネットワーク効果、そして経済学と暗号学の相互作用である。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する