エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Social Good Foundation Inc.】暗号資産「SocialGood」が取引高世界第5位の「DigiFinex」など大手取引所へ上場

Social Good Foundationが開発し、マルタにある子会社が発行する暗号資産「SocialGood」が、シンガポール拠点の大手仮想通貨交換所「DigiFinex」や、欧州を中心に幅広い顧客層を持つ「LATOKEN」など大手仮装通過交換所へ上場した。

「DigiFinex」は、仮想通貨取引総額で世界第5位の大手仮想通貨交換所で、暗号資産「SocialGood」の上場契約と共に、暗号資産キャッシュバックサービス「SocialGood Cashback」のプロモーションに関する契約も同時に締結した。

「LATOKEN」とは、上場契約と共に、Initial Exchange Offering(IEO)に関する契約を締結。2019年3月中に「LATOKEN」上で「SocialGood」を購入できる。ただし、残念亜柄日本居住者は購入できない。

AIとブロックチェーン技術に支えられたSocial Good Ecosystem™は、消費者が買い物をすればするほど、暗号資産(トークン)が貯まり、消費者の持つ資産が増え、経済的に豊かになれる仕組みである。全世界の70億人が資本家になり、安心して生活できる世界を目指すものだ。また、Social Good Ecosystem™は、人々に力を与え、社会をより良くすることを目指す。

詳細はホワイトペーパーで確認を。

「SocialGood」Cashback
「SocialGood」Cashback https://socialgood-cashback.comとは、Social Good Foundationがが開発し、100%子会社(在マルタ)が発行する暗号資産「SocialGood」をキャッシュバックするというもの。SocialGoodのユーザ数は4万人。このサービスは2019年3月7日(木)にローンチされ、アマゾンやアップルなどで買い物をすると、全員に20%のャッシュバックが実施される。ただし、日本居住者を除く。

資金調達額3000万ドルのなかで、キャッシュバック累計が1000万USドル (約11億円)に到達するまで、提携ECサイトで買い物をすると、もれなく20%のキャッシュバックを受け取ることができる。詳細の条件は、「SocialGood」Cashbackのサイトで確認を。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する