エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【BaseLayer株式会社】MetaXの「アドトークン(ADT:adToken)」が韓国取引所「Huobi Korea」に上場!

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

BaseLayer が、日本向けPRとマーケティングを担当する、トークンを使ったレジストリーシステムを開発したプロジェクト「MetaX(メタエックス)」「アドトークン(ADT:adToken)」が、韓国の仮想通貨取引所「Huobi Korea」に上場した。

デポジットは、日本時間の3月12日(火)15時30分から受付開始。「ADT/BTC」と 「ADT/ETH」の通貨ペアの取引は、3月13日(水)16時から、引き出しは3月18日(月)15時から取引できるようになった。

「adToken」は、イーサリアム上のERC20に準拠したトークンで、アドトークンレジストリで利用できる。「アドトークン」は、「adChain レジストリ」が機能するために不可欠なユーティリティトークンで、「adChain レジストリ」から「アドトークン」を取り除くと、レジストリは機能停止になる。

「adChain レジストリ」は、コミュニティの力を活用した広告を有するサイト(ドメイン)のキュレーションリストでもある。コミュニティメンバーは、「アドトークン」の投票を通じて、あるウェブサイトがレジストリに追加されるべきか、排除されるべきかを決定できる。

ドメインのキュレーションリストを作成し、適切な広告を発出している広告主には、コミュニティが承認した証に、スタンプが付与される。

MetaXは、2019年1月初めに日本進出を発表した。2月末には、AIで不正広告の検出と削減を支援する「adChain Audits(アドチェーンオーディット)」の提供を開始し、デジタル広告業界でスタンダードの確立のために、精力的に活動中である。

「Huobi Korea」への上場に伴なって、MetaXのアジア太平洋地域のビジネスオペレーション代表を務めるKeanu Newman氏は、次のように述べている。

「Huobi Koreaに上場したことは、これまでアジア太平洋地域にて弊社が積み重ねてきた努力のたまものであり、adChainをデジタル広告業界におけるスタンダードとするために欠かせない一歩である」

Huobi Korea上場についての詳細はこちらから。
英語
韓国語

MetaXとは?
MetaXは、Web2.0とブロックチェーン技術を活用してデジタルメディアの品質の標準を底上げし、透明性のあるエコシステム確立を目指す広告ソリューションを開発しているプロジェクト。広告業界の市場規模は2090億ドルだが、詐欺広告によって、広告主は年間190億ドルもの損失を出しているとの試算がある。「MetaX」は、分散型広告レジストリ「adChain レジストリ」を開発し、イーサリアム上で運用されている。

MetaXが発行する「adToken」保有者は、コミュニティ内で特定のドメインによる不正行為の有無や、ドメイン自体の品質を監査する役割を持っている「adToken」保有者は、承認、異議申し立て、投票によって「adChain レジストリ」に登録される広告にまつわる意思決定に参画できる。

ブロックチェーン技術が生み出す透明性を活かし、多くの目で監視し合うことで、広告業界の正常化に貢献する。「adChain Audits」は、詐欺広告を効果的に減らすサービスで、MetaXの主力サービスの一つである。

「MetaX」関連サイト一覧
ホワイトペーパー(日本語) 
Facebook (英語) 
Twitter(英語)  
Telegram(英語)       

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する