エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Blockstream Corporation】新しいプレミアム・ウォレット「Blockstream Green」をリリース

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

Blockstream は、新しいビットコインウォレットである「Blockstream Green」をリリースした。「Blockstream Green」は、Blockstreamの「GreenAddressウォレット」(2016年取得)の最新版である。処理速度とパフォーマンスを重視してつくり直し、インターフェイスの再デザインによって、プレミアムなユーザー体験を提供する。

リリースと同時に、世界中で利用できるよう多言語に対応している。対応言語は、日本語はもちろん、中国語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、スペイン語、ロシア語とウクライナ語の計11カ国語である。他の言語にも対応するために、アップデートを予定している。

Blockstream CSOのSamson Mow氏は次のように語る。
「『Blockstream Green』はBlockstreamがこれまで作り続けているビットコイン・インフラへの入り口の役割を担い、Liquid Network(https://blockstream.com/liquid/)との統合はその重要な第一歩である。Greenの高度なビットコインサービスに加え、GreenウォレットはLiquid利用者が安全に資産を管理しLiquid資産を簡単に取引できるようになるでしょう」

「Blockstream Green」は、Green Development KitLibwallyの2つのライブラリーを基盤とする、完全にオープンソースのソフトウェアである。エンジニアは自由にソフトウェアの改善と拡張機能の開発に励むことができる。さらに、Greenの頑強なコードベースを活用して、独自のウォレットアプリの開発もできる。

「Blockstream Green」は、以下のような機能を持っている。
1.マルチ署名2段階認証
Greenウォレットはマルチ署名機能を提供し、通常のアプリ基盤の2段階認証(2FA)のハッキングと盗難リスクに対応する。
2.ハードウェアウォレット支援
アンドロイド利用者は追加セキュリティのため、TrezorやLedgerを利用し、秘密鍵をオフラインに保管できる。
3.プライバシー重視
どんな書類や個人情報、KYCも必要なし。Eメールアドレスはウォレットリカバリーの時にだけ必要で、Tor接続も支援する。
4.独自のノードに接続
信頼水準を最低限に抑えるため、SPVのシンクロにフルノードを指定できる。

「Blockstream Green」は、App StoreGoogle Playでダウンロードができる。Greenアプリ、Green Development Kit、LibwallyのオープンソースのコードはGitHubで確認できる。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する