エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Decentra】仮想通貨版インデックスファンドに興味ありが77.2%〜「仮想通貨取引に関するアンケート調査」を実施〜

仮想通貨ファンドを活用した資産形成の提案を行なっているDecentraは、男女123名の仮想通貨取引者を対象に「仮想通貨取引に関するアンケート調査」を実施した。

調査概要:仮想通貨取引における意識調査
有効回答:現在、仮想通貨取引を行なっている20〜72歳の男女123名
調査期間:2019年2月25日〜2019年2月26日

仮想通貨取引に関するアンケート調査
1.少額投資が可能で投資しやすい反面、不安もある仮想通貨取引
最初に、「なぜ仮想通貨取引をされていますか」と質問を行なったところ、一番多い理由として「少額からの投資が可能」が69.1%、次いで「リターンが大きい」が50.4%という結果であった。

次に、「仮想通貨取引で不安なことがありますか」という質問では、90.2%の方がなにかしらの不安を感じていることが判明。加えて、不安なことがあると回答された方に「仮想通貨取引で、どのようなことが不安だと思いますか」と質問すると、87.4%の方が「損失リスク」と回答した。

2.仮想通貨取引の不安が解消される商品がある場合、興味あり88.3%
不安なことがあるという回答者に、「前項で選択された不安が解消される商品がある場合、興味はありますか」と質問すると、88.3%の方が「ある」と回答した。

3.仮想通貨版インデックスファンド*に興味あり約8割
最後に、「仮想通貨版のインデックスファンドに興味はありますか」と質問を行なったところ、77.2%の方が「興味ある」と回答。興味がある理由としては、「複数銘柄に投資が可能」が68.4%と1番の魅力に。反対に、仮想通貨版インデックスファンドに対して「興味ない」と回答した理由は、「信憑性が不明」が54.5%と最も多かった。


インデックスファンドとは
『日経平均株価』や『NYダウ』などの株式指標(インデックス)と同じような値動きをするようにつくられた投資信託の1つ。

まとめ
今回のアンケート調査では、幅広い層が不安を抱きながらも最先端のブロックチェーン技術を活用している仮想通貨取引に期待を寄せていることがわかった。海外における仮想通貨は決済手段や送金手段などあらゆる分野での普及が浸透し、仮想通貨の金融商品も多数誕生している。日本でも仮想通貨市場は拡大するだろうし、仮想通貨版のインデックスファンドの誕生は、日本における仮想通貨取引市場のさらなる発展を加速させる可能性が高い。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する