エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社volvox】イーサリアムDApps無料化ツール「Ethless」の事前登録を開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

volvoxは、EthereumのDAppsを利用するときに必要なユーザーの手数料を無料化するためのサービス「Ethless」の事前登録を開始した。プロバイダーが手数料支払いを担い、EOSのような仕組みを簡単に実装できるツールだ。

「Ethless」とは?
イーサリアム上のDAppsの手数料を、EOSのように無料化できるツール。次のような特徴がある。
1.ユーザーはETHを持たなくてもよい
あなたが開発したDAppsを利用するユーザーに、 ETHを持たせる必要がない。
2.分散性を犠牲にしない
分散性を維持したままで、手数料の支払い元だけをサービスプロバイダーにシフトできる。
3.コードを数行追加するだけ
開発者は、数行のjavascriptコードを追加するだけでよい。デプロイ済みのスマートコントラクトはそのまま使える。

背景
イーサリアムとは、分散型アプリケーション(DApps)構築のためのプラットフォームの名称である。現状の課題として、ユーザーがDAppsを利用するときに、手数料を払わなければならない。そのため、ユーザビリティが低くなり、DApps開発後の検証やスケールが難しくなっている。

目的
イーサリアムの手数料問題解決のために、いろいろなことが試みられているが、それらの中には、分散性を著しく欠くものや、依然として開発段階であるものが多い状況である。そんな状況のなかで、分散性を著しく損なわないで、手数料の支払元だけをユーザーからサービスプロバイダーにシフトさせる仕組が必要であ流。これが実現すると、ブロックチェーンでも従来のwebと同様の体験を提供できるようになる。

最近では、同様の仕組みのブロックチェーンであるEOSが注目を浴びている。しかし、もっとも普及し、周辺のツールも充実しているイーサリアムで同様の仕組みを実現できることの意義は大きい。

ユースケース
ユースケースとして、 2つの例を挙げておく。
まず1つ目は、 分散型ゲームでの利用である。分散型のゲームの意義として、ユーザーがゲーム内アセットを自分の管理下に置くことができるというメリットがある。しかし、すべての処理をブロックチェーンで行い、ユーザー自身が処理に必要なETHを用意する必要があり、ユーザー離れに繋がることになる。「Ethless」を利用すれば、処理の手数料代をプロバイダーが負担し、従来のゲームのような体験を提供できるようになる。もちろん、あらゆるDAppsで同様の体験を実現できる。

2つ目は、 DAppsの検証である。テストネットでのDAppsの検証のためにも、ユーザーにテストネット用のETHをウォレットに入れてもらうことが必要だ。そのため、その手間が障害となり、DAppsの検証に無駄なコストがかってしまう。「Ethless」を利用すれば、ユーザーの手間を省けて、DAppsを利用してもらうことで、高速な仮説検証ができるようになる。

仕組み

ユーザーは自分の身代わりになるサブコントラクトを事業者につくってもらうと、所有権を完全に持つことが可能になる。事業者がサポートをやめても、直接サブコントラクトを呼び出せるので、トラストレスな仕組みになってる。サブコントラクトが送信者になるので、ユーザーはサブコントラクトになりきって、イーサリアムネットワークを利用できるという仕組みである。また、サブコントラクトが必要なくなれば、その時点で、ユーザーは自分のアドレスにアセットを移すことができる。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する