エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社FLOC】コミュニティスペース「丸の内vacans」を東京丸の内にオープン

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ブロックチェーン総合スクール「FLOCブロックチェーン大学校」を運営する FLOCは、第4次産業革命の推進に不可欠なテクノロジー、ブロックチェーン技術のビジネス活用の促進のために、「ブロックチェーン×ビジネス活用」を目的にしたコミュニティスペース「丸の内vacans」を東京丸の内にオープンする。また、オープン初日の12月10日(月)には記念イベントを開催する。

ブロックチェーンのビジネスへの技術活用を「拠点」を通じて加速化
政府が掲げる「Society5.0」の実現のためには、あらゆる産業や社会生活に、第4次産業革命の技術革新を取り入れ、さまざまな社会課題の解決が求められている。この取り組みを支える中核技術の一つがブロックチェーンだが、技術活用の実態は模索段階にすぎない。

このような社会情勢のなかで、FLOCは内外を問わず、圧倒的に不足しているブロックチェーン人材を育成するため、ブロックチェーンエンジニア兼ビジネスパーソンを育成する「FLOCブロックチェーン大学校」を、2018年6月に開講した。開講後約半年が経った現在で、無料体験コースの受講生は3000名を超えた。

2018年12月10日、ブロックチェーン技術のビジネス応用を加速するために、スクール事業に留まらず、発展的な取り組みを行う拠点として、ブロックチェーンコミュニティスペース「丸の内vacans」をオープンする。

拠点があるからこそできる「人」「ナレッジ」「ビジネス創出」へのアプローチと融合
 FLOCは、「丸の内vacans」をハブに、「ナレッジ」「人」「ビジネス創出」を活性化するための取り組みを行い、ブロックチェーン技術のビジネス応用を促進したいと願っている。

 

<人に対する施策>
健全なブロックチェーンコミュニティの活性化のため、スペースを無料開放
拠点があることで、継続的で健全なブロックチェーンコミュニティが育つことを期待し、ブロックチェーン関連の取り組みに対して、スペースを無料で開放する(登録制・条件あり)。匿名性の高いインターネット上ではなく、顔の見えるコミュニティだからこそはぐくむことができる帰属意識が、知の融合やビジネス創出につながるはずである。

<ナレッジに対する施策>
「レギュレーション研究会」をはじめとする最新情報を「中上級ゼミ』」して提供
スクールコンテンツ(全48時間)以外に、ブロックチェーン業界の最新情報を「中上級ゼミ」という形で提供。ブロックチェーンビジネスを展開するために欠かせない実務的な法律について学ぶ「レギュレーション研究会」など、全20種類のゼミを提供する予定。

ブロックチェーンビジネス実施者による『第一人者セミナー』の定期開催
現在、ブロックチェーンを使って実際にビジネスを展開している第一人者のセミナーや、コミュニティメンバーによるピッチイベントを継続的に開催。スクールや中上級ゼミで身につけた体系的な知識や技術に、最新の応用力と現場力がプラスすることで、ブロックチェーン業界で具体的に活躍できる人材を養成する。

<ビジネス創出に対する施策>
ブロックチェーン専門家による、ビジネスアイディアの「無料コンサルデイ」
人やナレッジとの融合から誕生したビジネスアイディアを、ブロックチェーンの専門家に相談できる「無料コンサルデイ」を毎月設ける。コンサルタントには、過去に経産省のブロックチェーン検討会の委員を務め、現在は業界大手のブロックチェーン実証実験なども請け負う志茂博氏(FLOC ブロックチェーン大学校講師・コンセンサスベイス代表取締役)を迎え、アイディア具現化のためのサポートを行う(登録・予約制)。

黎明期にあるブロックチェーンを想起させる空間と「vacans」という名前に込めた想い
コミュニティスペースは、廃校の小学校をリノベーションした「吉本興業東京本部」の設計などでも知られる、建築家の荒木信雄氏がデザイン。テーマは「余白とプラットフォーム」。余白があることで、場の拡張性、フレキシビリティが今後の社会の変化に追従するプラットフォームになるような空間を目指す。その空間は黎明期にあるブロックチェーンを想起させる。

コミュニティスペースの名称「丸の内vacans(バカンス)」は、ラテン語のvacans(意味:からっぽ)に由来。あらゆる可能性を秘めたスペースを通じて、多くの人とナレッジが融合し、たくさんの新しいブロックチェーンビジネスが生まれることを期待している。

「丸の内vacans」 基本情報
営業時間:7時~22時
営業曜日:年中無休(年末年始以外)
受付開始日:2018年12月10日(月)17時から。
・料金:ブロックチェーン関連の無料イベント…無料使用可
    ブロックチェーン関連の有料イベント…半額使用可
※詳細は12月10日17時公開の公式サイト内で確認を。

12月10日にオープンを記念したイベントを開催!
「丸の内vacans」のオープン初日である12月10日には、スペースのお披露目と今後の施策の発表会を兼ねたオープニング記念イベントを開催。記念講演は、ビジネスのコミュニティ活用に関して造詣の深い佐渡島庸平氏の進行のもと、日本のブロックチェーンビジネスの第一人者であり、FLOCブロックチェーン大学校の講師でもある廣末紀之氏(ビットバンクCEO)と山田宗俊氏(R3日本統括)を迎え、「2019年の日本のブロックチェーン業界の行方 ――ビジネス活用はどう進むのか」について講演をしてもらう。

【ブロックチェーンコミュニティスペース「丸の内vacans」オープ二ング記念イベント】
日時:12月10日(月)18時30分~20時(開場:18時)
場所:丸の内vacans(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2階 FLOCブロックチェーン大学校内)
参加者:一般応募者、関連企業・団体関係者、 FLOC講師、 FLOC受講生、メディア関係者など
定員:150名
参加費:無料招待(応募期限11月28日(水)24時まで。当選者には11月29日(木)にメール)
応募はこちらから。

<発表内容(一部)>
第一部
今なぜ、ブロックチェーンコミュニティスペース「丸の内vacans」か
<登壇>FLOC 代表取締役CEO 泉正人氏
・FLOCの現状と今後の展開、ビジネススキームについて
・丸の内エリアにおける、ブロックチェーンコミュニティスペースの無料開放について
・「丸の内vacans」をハブにした「人」「ナレッジ」「ビジネス創出」に関する取り組みについて
ブロックチェーン コミュニティスペース「丸の内vacans」「余白とプラットフォーム」
 <対談>建築家・荒木信雄氏(「丸の内vacans」設計担当)、泉正人氏
第二部
記念講演:2019年の日本のブロックチェーン業界の行方―ビジネス活用はどう進むのかー
<登壇>廣末紀之氏(ビットバンクCEO、 FLOC講師)、山田宗俊氏(R3日本統括、 FLOC講師)、佐渡島庸平氏(コルク代表)

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する