エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ブロックチェーンインサイト】「Blockchain Insight Japan 2019」記者発表会/勉強会開催

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

「Blockchain Insight Japan 2019」 実行員会は、『Blockchain Insight Japan 2019』を2019年2月19日(火)~21日(木)の3日間にわたって、東京国際フォーラムで開催する。ついては、「Blockchain Insight Japan 2019」の記者発表会と勉強会を、2018年12月4日(火)11時30分~13時30分にかけて、Casa AfeliZ GINZAで実施する。

「Blockchain Insight Japan 2019」は、ブロックチェーンのプラットフォームとしての役割にフォーカスし、技術は言うまでもなく、ブロックチェーン上で展開される次世代ビジネスモデル・ガバメントモデル・ソサエティモデルを洞察し、イノベーションを起こしていく取り組みである。

イベントは、「ブロックチェンーンを中心とした技術の現状と可能性」「ブロックチェーン上で動作する自立分散型のアプリ“Dapps”のショーケース、セキュリティ、開発環境」「ブロックチェーン先進国であるスイス、マルタ共和国、シンガポール産業育成と規制の状況」、「エンタープライズのブロックチェーンへの取組事例」「ブロックチェーン関連の成功しているマネタイズモデルの現状」で構成している。

イベント当日は、クリプ豚などのユニークなビジネスモデルや、ブロックチェーン先進国のスイスからはスイス大使館、マルタ共和国からは元中央銀行総裁、シンガポールからシンガポール金融局MASと連携してICOアドバイスをしているロイヤー、また、エンタープライズのブロックチェーン取組事例として、LINE、メタップスなどのセッションを予定している。

2018年12月4日(火) の記者発表会では、「Blockchain Insight Japan 2019」について簡単に説明し、ブロックチェーンの上でAIやIoTが今後どのように発展していくのか、国内外の最新事例の紹介や、それらの基礎知識について話す予定である。

「Blockchain Insight Japan 2019」記者発表会/勉強会
日 時:2018年12月4日(火)11時30分~13時30分 (受付11時~)
会 場:Casa AfeliZ GINZA(東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 8F)
登壇者:ICOVO AG/オルツ CTO 西村祥一
          ICOVO AG COO 小幡拓弥
          インフォコーパス 代表取締役社長 鈴木潤一
    オルツ 取締役副社長 米倉豪志
    Blockchain Insight Japan 2019 実行員会 委員長 山瀬明宏
内 容:Blockchain Insight Japan 2019についての発表、 Blockchain・AI・IoTの基礎と国内外最新事例紹介、ランチ、パネルディスカッション

登壇者紹介
ICOVO AG/オルツCTO西村祥一氏
自然言語処理・機械学習などの学術系案件の開発・コンサルティングを行うと共に、ブロックチェーン技術を用いた開発に取り組んでいる。モバイル向けウォレット Tachyon Wallet や Ethereum 開発エコシステムへのツール開発・提供を精力的に行っている。 Global Blockchain Summit 2016ではブロックチェーン技術による位置情報プラットフォームを提案し、 Best Innovation Awardを受賞。著書に「はじめてのブロックチェーンアプリケーション~Ethereumによるスマートコントラクト開発入門」(2017年、翔泳社)がある。現在、 ICOVO AG・株式会社オルツにて CTO を兼任。

ICOVO AG COO 小幡拓弥氏
2011年 国立電気通信大学大学院 情報工学専攻卒業。キヤノン株式会社で産業用ロボット開発に携わった後2014年よりフリーランスエンジニアとして独立し、対話エンジンやレコメンデーションエンジン等のプロジェクトに参画。 2016年にブロックチェーン関連の開発を行うWLTC株式会社を設立し、取引所のバックエンド開発やトークンのスマートコントラクト開発等を行う。 2018年7月ICOVO AGのCOOに就任し、暗号通貨による資金調達市場の健全化に尽力中。事業オペレーション全般を統括しつつ、自身も開発者としてICOVOのプロダクトDAICOVOのコードを書いている。専門分野は主にブロックチェーン、自然言語処理、ゲームAI。将棋AIで各種大会上位入賞、一部の部門で2011-2015年連続世界首位。

インフォコーパス 代表取締役社長 鈴木潤一氏
1989年 早稲田大学理工学部卒(ヒューマノイドロボットを研究)。同年、日本電気株式会社(NEC)に入社、 NECでは銀行の勘定系システムのプロジェクト管理を行い、その後、日本オラクル株式会社、サンマイクロシステム株式会社では製品マーケティング業務を行いながら、 RDBやJavaのエバンジェリストとしてIT技術の大衆化を果たす。シリコンバレーのベンチャー企業のスタートアップ時にバイスプレジデントとして経営や開発企画に携わる。 2008年から日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)主任研究員としてビックデータにおける国益についての調査・研究を行う。 2014年11月から株式会社インフォコーパスの代表取締役に就任。 IoT技術の大衆化を進めている。

オルツ 取締役副社長 米倉豪志氏
2000年にデータ量削減エンジンの発明し特許を取得。国内最大級のモバイル検索サービスの設計を行い、 2001年より株式会社メディアドゥ取締役に就任。 2007年カナダ移住。同年 カナダ・バンクーバーにてFIFTYFOUR CREATIVE INC. 設立。 2013年に株式会社未来少年CTOに就任。 2016年、人工知能開発の株式会社オルツ取締役に就任。現在副社長。人間個人の個性を反映したクローンA.I.の開発を技術面、事業面で主導。現在、人工知能とブロックーチェーンを融合した2つのプロジェクトである、パーソナルデータ管理システム「オルツ・スタック」及び、大規模分散ニューラルネットワーク「オルツ・エメス」の事業推進を担当。カナダと日本にて現代音楽の作曲家としても活動。九州・沖縄作曲家協会理事。 Vancouver Pro Musica 会員。

Blockchain Insight Japan 2019 実行員会 委員長 山瀬明宏氏
1963年横浜出身。シリアルアントレプレナー。郵政省(現総務省)の懇親会委員に就任。 1987年(株)CPI設立、 1997年ホスティング事業創業。 2007年KDDI(株)の連結子会社になり(株)KDDIウェブコミュニケーションズに商号を変更。 2010年、起業家のためのシェアオフィス「ナレッジソサエティ」を設立。 2014年新規事業企画会社、ヤマセホールディングス(株)を設立して、傘下の企業として音楽関連事業会社(株)ピースボイスエンターテイメント(千代田区九段)、飲食事業会社(株)オデオクリエーション(中央区銀座)、 2017年には、ブロックチェーンよる資金調達プラットフォーム ICOVO AG(スイス、ツーク)に設立。 2018年にはブロックチェーン関連イベント、メディア会社(株)ブロックチェーンインサイトを設立。それぞれ代表取締役。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する