エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【ソーシャルアクションカンパニー株式会社】ブロックチェーンで社会貢献活動に独自コインを無料オンラインサービスする「actcoin (アクトコイン)」を開発

IT技術を活用した社会貢献サービス開発を行うソーシャルアクションカンパニーは、NPOなど非営利団体の活動を支援する日本財団CANPANプロジェクトと連携し、ボランティア活動への参加や寄付など個人の社会貢献活動に対し独自のコイン(トークン)を付与する無料オンラインサービス「actcoin(アクトコイン)」を開発した。

これは、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用することで、個人の社会貢献活動の可視化に取り組むサービスである。寄付月間である2018年12月に、そのiOS版アプリをリリースする。

このサービスでは、ユーザーはまず会員登録し、教育や福祉、国際協力やまちづくりなどさまざまなテーマで活動する非営利団体のプロジェクトに参加したり、寄付ができる。表示される団体は、日本財団CANPANプロジェクトのデータベースに登録中の情報開示度の高い団体のみである。各プロジェクトはSDGs(持続可能な開発目標)にも対応し、17の目標から貧困や自然環境などテーマに沿って支援もできる。

ユーザーは、ボランティアやセミナーなどプロジェクトへ参加すると、1時間あたり1000コイン、プロジェクトをフェイスブックやツイッター等のSNSでシェアすると100コイン、団体へ寄付すると寄付金額の10%分のコインをもらえることになっている。このコインは、個人の社会貢献活動の可視化のために存在するものである、購入・換金はできない。

今後、ブロックチェーン技術の活用で、個人の社会貢献度合いが可視化できるほか、蓄積したコインを1コインあたり1円の換算で非営利団体へ寄付したり、環境や社会に配慮した商品と交換できる仕組みを予定している。さらに、他の暗号通貨との交換を視野に入れて、調査・研究に取り組んでいる。
「actcoin」は、アクションコインを意味する。「actcoin」では、「社会に対して何か貢献したいが、何をすればよいかわからない」という生活者向けに、気軽に、安心して参加できる機会を提供し、社会貢献活動への参加者が増えることで、より良い社会の実現を目指すものである。

これまで、ボランティア参加や寄付への行動を妨げる主な要因は、「時間がない」とか「経済的な余裕がない」であったが、「actcoin」では、時間やお金がなくても貢献できる活動があり、参加者が無理なく参加できるようになっている。

第一段階は、このプロジェクトへ参加する非営利団体や企業を2018年12月中旬まで募集する。

このサービスは、「明治大学暗号通貨・ブロックチェーン研究会」の協力を得て、2018年6月21日に金融業界のOB・OGや、金融業界志望の学生を対象に、社会貢献とブロックチェーンをテーマに、明治大学内での特別講演会を行うなど、定期的に意見交換し、開発を進めてきた。

今後は、環境や社会に配慮した商品を購入すればトークンを付与するなど、プロジェクトや活動の種類を充実化させ、順次機能を拡大する予定だ。また、Android版アプリやPC版でのリリースも予定している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する