エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社サマデイ】Feelnoteがブロックチェーン技術を活用したeポートフォリオでソニー・グローバルエデュケーションと連携

教育コンサルティング&クラウドサービス事業を展開するサマデイは、ソニー・グローバルエデュケーションとの連携し、2019年2月から、サマディが開発しているSNS型eポートフォリオ「Feelnote(フィールノート)」へのブロックチェーン技術の導入実証を開始することになった。

学習者が学び、活動する場は、学校等の公教育機関以外にもあり、個別化や多様化が進んでいる。しかし、学んだ、という経験の真正性を証明するには、いまのところは、公教育機関以外では、困難だ。

そこで、「Feelnote」は、学習者の固有の活動記録の信用性を保証する教育プラットフォームとして機能するため、ブロックチェーン技術の活用を決めた。

「Feelnote」は、「eポートフォリオ作成システム」として特許(第6028123号ほか3件)を取得し、現在、約70の教育機関(小中高大)が利用している。
 今回のブロックチェーン実証は、「Feelnote」を利用する学校のなかから、特定の学校の生徒を対象として行われる。

「Feelnote」にユーザーがライフログ(活動記録)を投稿すると、投稿ごとに一意のハッシュ値を、「Feelnote」からソニー・グローバルエデュケーションが運営するブロックチェーンに書き込む。ブロックチェーンに登録されると、その時点で、本人が確かに投稿した情報だと保証される。

「Feelnote」のユーザーは、 「Feelnote」の機能によって、保証付ライフログのなかから任意の記録を用いて、自身の活動のストーリーをまとめたポートフォリオを作成できる。作成したポートフォリオを見る教員や大学・企業等の評価者は、ブロックチェーンによって、その真正性を確認できる。

そうすることで、評価者は学習者の活動記録の追跡調査や事実確認をしなくても、即座に真正性を確かめられる。それだけでない。従来は、データの真正性を保証するのは、公的機関等が中央集権型でデータ管理せざるを得ない状況だったが、ブロックチェーンを利活用することで、個人が一定の信用性を担保された環境下で、自身のパーソナルデータを管理できるようになり、「データポータビリティ」の実現にもつながる。

今後は、この実証を皮切りに、「Feelnote」は、作成されたポートフォリオの真正性を保証するデジタル証明書の発行や、デジタル証明書自体のブロックチェーンへの登録などを進め、学習者が自由に学び、活動する記録を、自ら証明できる環境の実現を目指すことになる。

Feelnoteとは?
SNS型eポートフォリオ「Feelnote」は、SNSで体験をシェアする感覚で、ライフログを蓄積し、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できるシステムである。現在、文部科学省JASSO「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や、中高一貫校などに在籍する国内の中高生、大学生が幅広く活用している。

ハーバード大プリンストン大など、米国の有名大学が採用し、日本の大学に展開予定の入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムである。2018年1月から、iOSやAndroid対応のアプリをリリースし、新機能の追加等、継続的な開発を行っています。

2016年4月から、一定の条件を満たす公教育機関向けにサービスの無償提供を開始し、現在、約70の協働校と共に、学びの進化を目指したeポートフォリオの活用を推進している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ